ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

来るところまで来たな・・・・! 当然の予見、やっぱりな!

来るところまで来たな・・・・! 当然の予見、やっぱりな!

誰もそのことを口にしないのは変だ!!
かつて、『今、フクシマ核燃料は地下12メートル以下に!!
と書いたが、あれから9ヶ月・・・
なんと800メートル地下?!とは!!


 

 見て見ぬふりして、自然石棺を目論んでいるのか?


 それとも、


 何も出来ないで、手を拱いているのか? そして、情報を一切出さないのは、知らないのか? 知ってて隠しているのか? それでいて、再稼働には躍起になるというのは、そもそも原子力発電政策が、別の原理原則で運用されていると言うことを暗示している。


 発電政策そのものも疑わしい。そうとしか言えないではないか。大飯原発が再稼働して、火力発電所が8基停止した。これからの需要期を前にして、電力不足をあれほど喧伝して、『余剰』であるから停止したという。


 まさしく、パラレルワールドがあるとしたら、そのものズバリの世界が混在し、平行していると言うことになる。好きな世界に生きよ、俺はもう知らない! とでも叫んで見たくもなる。                              

                                 

0315_1

首相官邸前での脱原発抗議行動に参加した鳩山元首相(手前)=20日夕、東京・永田町

           

 確かに大局的には、飯山さんの書いたとおりになるだろう。同じ見解だ。


 人間の作った凶器も、大自然から見たらおもちゃにしか過ぎないかも知れない。あのバベルの塔も一夜にして崩壊した?! バール信仰の神官達は、数千人一夜にして地獄に堕ちたのだ。


 あのエリヤの時代である。


 それと同じ時代進行なのかも知れない。しばらく、間欠泉のように蒸気と閃光を放ちながら、やがては大自然の地球の懐深く沈み込んでゆくのだ。これを作った現代の神官達は、行く末どうなるであろう?


 必ず、堕ちる。


 なら、


 こちらから、早く、『No thanky!』を宣言して、関係を絶つことが肝心だ。こっちは勝手に幸せに生きていく・・・。そういう心構えが、狂った連中にせめて、心騒がされることはあるまい。


大量の核燃料が
sun6
ミニ太陽となって…
地下800メートルまで沈んだ!!
このことは重大な意味をもつ。
sun7ミニ太陽は、沈みながら…
地下水脈を多少は汚染させ
大量の放射性物質を地上に噴出しつつ

さらに下へ下へと沈降し
地下の深部に向かって潜行してゆく。
sun8ミニ太陽が、沈みに沈んで…
地下1500メートルを超える頃から

巨大な重量の土圧・地圧の作用で
sun5
ミニ太陽は、地下の深部で
地中に封じ込められるだろう!!
チェルノブイリでは爆発した原子炉を
石棺
(せっかん)で覆った。
東電福島の爆発した原子炉たちは…

自力で深い深い穴を掘って
その穴に身を投げ…
みずからを土葬にふした。

【転載終了】



a:1500 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional