ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

NWO(ニューワールドオーダー)のおぞましき実態! 最終回

NWO(ニューワールドオーダー)のおぞましき実態! 最終回

テープ第3の③-最終回である!
Dr.L.Duneganに対するインタビューテープ書き起こしである
インサイダーとして告白者は
Dr.Lawrence Day
インタビュアーはR.Engel(「米国・命の連合」の理事)だ!

長いので、3回に分ける・・・。

 

 テープの実声を聞いて頂こう。残念ながら英語だが、感じはつかめるだろう。

 テープはここにある。


 今回は、New Order of the Barbarians(野蛮人の世界支配計画)の翻訳転載記事最終回となる。大変、難解なテーマであった。

Nwo_headerbanner_wp_blk_flames_v1



 しかし、

 それ以上に、お付き合いして頂いた読者に敬意を表したい。こうした謀略テーマは、根拠を持って論議することが先ず必要だと痛感している。事実を確認する、あるいは、真実に迫るためには憶測だけでは脆くなるからだ。

 又、転載者以上にこの難解なテーマを翻訳して頂いた、田五郎氏に多大の感謝を申し上げたい。読者も通読するのは結構大変だが、翻訳するのは並大抵の技ではない

 しかし、

 折に触れて読まれる根拠資料となるだろう。NWOのおぞましい企みを根拠を持って警戒する資料になると思われる。この問題を、真正面から受け止める人々は、まだまだ少数である。

 それは分かる。

 何故なら、このテーマついてを連載するのは、かなり根気が要る。転載者の根気など、翻訳者に比べようもないが、それは実感した。読者においてもそうであろう。読むだけでも疲れるであろう。考える力を求められるからである。

 確かに、難しい問題を考えることは億劫な作業である。しかし、長い時の中にはその必要が出てくる。その意味で連載終了できたことは意義深い

Coming_soon



 さらに同じ問題を別の側面から掘り下げたいと考えているが、しばらくはお休みとして、又、お目見えしたい。その準備は出来ているが、少し、休んで掲載したい。

 翻訳者の予告を掲載して、最終回をご覧いただこう。お楽しみに!


ペトロフ少将の話は、実に衝撃的でした。
Dayの講演を補完して余りあると感じました。
さすが軍人!と思いました。
もう少しで終わります。(田五郎氏よりメール)


 ではどうぞ!
 

 

【転載開始】翻訳:田五郎氏(HN) 文責:飄平(HN)

原文

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/tape1.html(Tape one)

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/tape2.html(Tape two) 

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/tape3.html(Tape 3) 

原題:New Order of the Barbarians(野蛮人の世界支配計画)

Dayが話した話題(目次)

 

(第1巻)

  1. 人口調節:子供をもつことの許可
  2. セックスの目的の切り替え-生殖なしのセックスとセックスなしの生殖
  3. 性教育と世界政府の道具としての若者を肉欲的にすること
  4. 人口調節としての税で基金化された堕胎
  5. 同性愛の推奨・・・・同性愛に行く何事もまた推奨される
  6. 安楽死と“死に至るピル”
  7. 入手可能な医療介護を利用することの制限は老人を容易に排除させる
  8. 医療の厳しい制限;開業医の排除;診断するのが難しく対処できない新しい病気
  9. 人口調節の1つの方法としてガン治療の抑制
  10. 暗殺の一つの方法としての心臓発作
  11. 思春期と進化を早めるための方法としての教育
  12. すべての宗教の融合・・・・古い宗教は消え失せねばならなくなるだろう
  13. キーワードの改定による聖書の変更
  14. 教化の道具としての教育の再構築
  15. 学校により長く置くこと、しかし、生徒には何も学ばせない
  16. 情報にアクセスすることの制限
  17. 学校をコミュニティーの中心にすること
  18. ある本は図書館から消えるであろう
  19. モラルと社会的無秩序を増大させるための法改正
  20. 市街地に無法地帯を生み出すための麻薬の乱用の推奨
  21. アルコール乱用の増進;旅行の制限
  22. 監獄の増大の必要性と監獄としての病院の利用

(テープ1巻おわり)

 

(第2巻)

  1. 変化
  2. 強まる統治
  3. 地球的相互依存:新しい構造を作るために、最初にあなた方が古いものを破棄しなければならない
  4. 愛国心は無駄になる
    2012-10-11 07:00の掲載)
  5. 失業:安全性の喪失
  6. 伝統を除去するための人口移動
  7. 世界市民:世界のスポーツ
  8. 狩猟
  9. 女子のためのスポーツ:女性らしさを重視しない
  10. 娯楽:暴力、セックスそしてセックスに鈍感になること:人々を“人的被害”にする準備
  11. 我々に若さを与えよ
  12. 80年代、90年代:死神。旅行制限―国民ID-チップ、その他
    2012-10-15 14:47の掲載
  13. 食糧のコントロール
  14. 気候管理
  15. 政治
  16. 人がどのように応答するかを知り、彼らをあなた方が思うようにさせる
  17. 偽造される科学的研究
    2012-10-16 07:00の掲載
  18. 国連の受容:最後は、方法を正当化する
  19. 戦争はいい:あなたは砲弾の餌食となり、人口を減らし、英雄は死ぬ
  20. テロリズム:コントロールのための偉大な道具
    の掲載)
  21. お金と銀行業
  22. 政府や有力者がすべての人々を監視している:あなたがテレビを見ている間
  23. 個人で家をもつこと:“過去のことである”
  24. 2,3の最後の項目
    の掲載)

(テープ2巻おわり)

テープ3

 

E:「すばらしい新世界」(注:オルダス・ハックスリーが1932年に発表した文明論的SF小説)には、彼らはカースト制度を持っていた。アルファとかオメガとか。彼らが持ち込んだ異なったカースト制度は、デキャンタあるいは出産室のなかで、つまらないあるいは奴隷の仕事をすることになっている個人は・・鉱山で働く・・脳にほんの少しだけ酸素を与えられ、彼らは奴隷制度に愛着を持つことを学び、彼らは大変幸せだった。

 

彼らはより良いものを知らない。彼らはどうするかの手段をもたない。

 

しかし、より高いカーストになると脳により多くの酸素が与えられる。そうすると、奴隷制に愛着をもつサブ人間のグループを持つ。過去においては、奴隷たちはたぶん彼らの奴隷制度に深くは愛着はもてなかった。しかし、この場合、彼らの奴隷制度に愛着するような技術を持ち、そして、それぞれのカーストが「すばらしい新世界」にいる存在(being)を愛する。

 

D:あなたは、ナチの強制収容所に掲げられていたスローガン「仕事は平和、そして仕事は幸福」というのを思い出すかもしれない。それがブーヘンバルドだったかアウシュビッツだったかは憶えていない。私の回想は正確ではない。

 

しかし、考えは有効である。そしてここにハックスレーの書いた「すばらしい新世界」があるが、ヒトラーが権力をもつ前にさえ基本的に同じことを言っている。ということは、ハックスレーは何かを知っている。

 

E:彼(ハックスレー)は少なくとも、このNWOの一部にたぶん貢献している一族(family)から出ている。多くのイギリスの作家・・H.G.ウエルズとか・・は、その時期から、そしてその道がやってくることの考えを強調しているこれらの協会から、でている。

 

私はこの「すばらしい新世界」を高校生のとき読んだが、これが「おとぎの国?」と思った。30年後の今、私は「これは、おそろしい」と言っている。

 

かれの書いたものとDayの言ったことの間には類似性があると思う。

 

というのは、「すばらしい新世界」の中に、いろいろ混ざったメッセージがあり、(中には)これらは良いわけではない(というメッセージもある)。もし、ユーモアのセンスやプライバシーのセンスを持っていたら、もし、家族がいたら・・・、それはより良いメッセージになったであろう。

 

しかし、そうならなかったのは当然である。彼らはやろうとしていた。悪すぎる。私は、それについて少し残念だと思う。ちょっとした感想だが。しかし、NWOはやってこねばならない。そして、私たちはそれに席をゆずらねばならない。

 

私はこのDayについて言ったテープからも同じ印象を持った。

 

Dayはこれらのいくつかについて、ほんとうにうれしくはなかった。しかし、とにかくそれらは起ころうとしている。

 

なので、あなた方を楽にしたかった。あなた方がそれを受け入れればいれるほど、それが来たとき、より楽になるようにしようとした。

 

Dayは、あなた方医者にちょっとだけ、今晩、ここで恩恵を施したい。前もってあなた方に何が起こるか、あなた方自身の対応ができるよう話すことによって、私はそれを容易にしようとした。

 

D:聖書のどこかに・・・、それは洪水のあとだったと思う。神は、「人の心に私の律法を書きつける」(注:へブル人への手紙 8-10)と言った。

 

そして、私は、、Day が(NWOの考えに)さらされたことに対するDayの反応と、わたしが、「彼がこれを全体として受け止めていないように見える」といったことの間に、あなたが言ったことと同じことを感じる。

 

ハックスレーは彼が書いたことを全体として受け止めていないと思われることと、そして、両者は言っている、「これらすべてに或る必然性がある。それなので、それの最もいい部分について話そう。それは人々にとって良くなりつつある。技術しかり、生活の質についてしかり、・・・そしてあなたは、何年か短く生きる」。

 

両者は、含まれているすべてを必ずしも受け入れないというメッセージを送っているように見える。

 

E:そして、誰かがもっと疑問を呈するように望んでいる。

 

歴史をさかのぼれば、NWOがどうあるべきかという考えを持っていた多くの個人がいる。確かに、ヒットラーもスターリンも持っていた。

 

しかし、これらの期間に欠けていたのは、これらの多くのことを実行する技術が欠けていた。・・・調査、恒常的なモニタリング・・・しかし、このいわゆるNWOには、逃れることが非常に困難になろうとしている。なぜなら、技術が、何年も前から、これら全体主義者に欠けていた方法を用意するだろう。

 

D:私はオリジナルのテープで思い出せないのだが、Dayが「今回は、我々がそれを正しくやろうとしている」といったことを言っていますか?

 

E:いいえ、言っていません。

 

D:詳細に思い出すことが多い。しかし、彼がNWOを持ち込むのに言及したとき、彼は、「今回は、我々がそれを正しくやろうとしている」と言った。

 

そしてすぐに私は、「今回ってどういう意味だ?」と思った。それの明確な説明はなかった。

 

しかし、これまでの努力が第3帝国に関係しているということは、かなり容易に推察できた。あなたの技術に関する指摘は、コンピュータと電気的インパルスによりコントロールされるやり取りの全ての方法が決定的な意味をもつ。

 

誰もいかなる富ももたない。私たちのコントロールを超えた電気的インパルスにアクセスすること以外いかなる価値もない。キャシュレスの社会だ。

 

なので、あなたの仕事に対する報酬はコンピュータ上のインパルス以上のものではなく、あなたができる請求はこれらインパルスだけであり、このシステムを動かしている人たちは彼らが選択するのに応じて得たり提供したりすることができる。

 

この時まで、「ヨハネの黙示録」にある「この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。」(注:ヨハネ黙示録 13:17)のようなことは、あるはずもなかったし、、強制されたわけでもない。

 

人々はあなたと1ブッシェルのトマトを1ブッシェルの小麦と交換することができた。もしあなたが私の子供を学校に送ってくれたら、私はあなたに6本のトウモロコシを上げるというだろう。

 

物々交換である。

 

必ずしもそのような原始的ではなく、常に金と銀や他のお金の形で存在し、物々交換よりましであった。

 

しかし、キャシュレス社会とともに、人類の歴史始まって以来最初であるが、そこでは世界のすべての人口が経済的にコントロールされ、誰かが言うように「私は正しいボタンを押し、あなたが電子的にどれだけ預金があることを知っている。私はあなたがどこでお金を電子的に使い、あなたが私のコンピュータに加入しなければ買うことも、売ることもできない」、というふうになる。

 

今、あなたはポケットに半ダースのクレジットカードをもっている。しかし、すぐに1枚のカードに制限される。表向きの理由は、彼らのカードを無くしたとき、それを克服しなければならないということで。そして、体に埋め込む、あなたの右手とか額に・・そこではスキャナーでアクセスできるようにしなければならなくなる。

 

E:スキャナーについてであるが、TV戦争をしたとき、湾岸戦争だったか?そこに座ったままで、一日24時間線上にいるようになった最初の戦争だった。

 

そこには技術的に進歩したいくつかのポイントがあり、そして、どうやって彼らが小さな個人を見出したか・・・かれらはピンポイントに対して変わらない基準を使った・・・「ピンポイント」である。私は違った技術で想像した。NWOでは2人の裏切り者を特定することができる。

 

いわゆる敵に適用できる技術は、体制をコントロールするのにも使うことができる。

 

D:そのとおりだ。それは赤外線装置だ。私はこれについては素人だ。しかし、鹿や人間や反逆者のような熱源は赤外線スキャナーで見つけ出し、それが鹿か羊か、あるいは何かかの概要がいくらかはわかる。

 

私がそれについて最初に聞いたのはベトナム戦争の中であり、そこでは米国の兵隊が敵を見つけ出すのに使った。それは20数年前のことであり、今では前よりたぶんより精巧になっている。

 

しかし、この種の監視で、だれも逃げ出すのはとても難しいだろう。そして、「私は山の方に行こうと思う。世捨て人になり、NWOから逃げる。私は鹿も打てるし、野いちごも食べ、生きながらえる。そして妻ともいっしょだ。彼女はとても丈夫で彼女も生きながらえるだろう。

 

コロンブスが来る前、インディアンがしていたことをする。そして、みんな生きながらえる」、と言うとする。NWOは言うだろう「それはできない、というのは我々はお前たちをみつけるだろうから。」

 

E:「すばらしい新世界」でさえ、彼らは家族として人々はグループで生活していた。女は母乳で育て、彼らは野蛮人と呼ばれていた。しかし、我々は野蛮人にはなれないだろう。我々は文明化され、私たちは力が無く、私たちの歯はまっすぐで・・

 

D:言及されたことだが、必要なら、森林は水平化され、あるいは燃やされる。今やこれが、この運動からでてくる・・・大地の女神、そしていかに環境を守らねばならないか・・・しかし、「もし、我々が逃げようとする誰かを捕まえたいと思えば、我々は全ての森を焼き尽くすだろう。われわれは、彼らを見つけだす」。このことは、述べられている。誰もこのシステムのコントロールから逃れられないようにするため、森林伐採は、できるし、やるだろう。

 

E:そろそろ、(この対談を)終わらねばならない。

 

Dayの講演から22年が経過し、短くはなかったが、少なくとも、私はテープを聞いて以来、Dayの言ったことを思わなかったことはないのですが、どんな感想をおもちですか?

 

D:あなたは、常に思い出してくれている。

長かったが、「それで思い出した・・」これも、これも、監視のことであれ、安全のことであれ・・一日として思い出さない日はなかった。

 

E:着物のことも。私はある日、おもちゃのカタログを開いてみた。

 

そして、赤ちゃん人形がないことに気付いた。

 

もちろん、小さな女の子が赤ちゃんのことを考えさせないためにという考えに思い当たったのです。あったのは、大人の小さな人形だけでした。母としての本能を起こさせるものは何もない。

 

先生は、これをどう診断されますか?

 

D:人を一人にさせるという技術は、技術の進歩の結果、すでにあると思う。進歩は避けられない。もし、人が(他人から干渉されずに)自分のやりたいことをやろうとすれば・・・何人かは、他の人・・人々を全体的なコントロールすることを強引に行うことができるだろう。

 

やりたいことを勝手にやる・・この傾向は・・このようなグループに、それから・・起こってくる内部の不同意に対して、リーダーたちは険悪な関係になり、それぞれが「私はあなたよりもっと力がある。私は、あなたよりふさわしい」というだろう。

 

E:誰が、管理者たちを管理するのか?

 

D:彼らは、彼ら自身を突き刺し、傷つけるだろう。私はそう思う。彼らはシステムを生み出しながら、彼ら自らを破壊する種を生み出すだろう。

 

しかし、もう一つは、私は、もちろん、神が帰ってくる時がくるのではないかと思う。そして、主は次のように言うだろう、「もうたくさんだ。お前たちは私の惑星を壊そうとしている。私はこの惑星の責任者だ。私は人類の責任者だ。もし私が言えば、人類は破壊されるだろう。私は私の作ったものが、すべてを破壊しようとするような統制度合を当然と思い、行使するようなことはさせない」と。

 

E:あなたがおっしゃているようなことを私もちょうど思っていました。

 

過去には独裁者たちは人々を殺した。独裁者たちは人々を苦しめる。しかし、大事なのは独裁者たちは人間であるということの意味を変えることはできなかった。彼らは人間性を変えることはできなかった。

 

今、私たちは新しいゲノムプロジェクトを持とうとしている。数十億ドル規模のプロジェクトで、そこでは、各人のゲノムにあるタブを得ようとしている。

 

誰も逃げられない。誰もがそれぞれゲノムコードをもち、これを使って、人間であることの意味するそのものを変えるドアを開けようとしている。そして、もし、人がもはや、自由意思を持たない実体を持てば、主が「十分だ」と言う指摘も怪しくなる。

 

D:ルシファーがはじめに自分自身を神と決めたように、ある人たちは自分たちを神と決め、言うだろう「私はコンピュータをコントロールする。私はゲノムをコントロールする。私は全てをコントロールする。私は神だ・・・」そして、その点で彼が言わねばならないのは「お前にはできない。私はお前に実際やって見なければならない。お前にはできない。私は神だ。お前は単なる生き物だ」

 

E:そして、あなたがオリジナルのテープで言っているように、私たちは主の話されたことを信じる。そこでは、主は私たちを孤児にされないだろう。主は時間の終わりまでわれわれとともにある、と。

 

D:これは、すぐに、疑問を投げかける。彼らがやってきて、「忠誠を誓う用紙にサインするあなたの転換点だ」と言う時、あなたはどうするか?ヘンリー8世がやってきて言った、サインし加われと。・・・そう言っている一方で、彼らはオークの木の枝に首つり縄を投げ、首にその縄をかけ、「これにサインしたいか、それともお前の下の馬をたたこうか(首縄を引かせようか)、そしてサインしたくない人は殺された。

 

彼(Day?)が〝殉教者はいないだろう”と言ったにもかかわらず、たしかに殉教者はいるだろう。彼が言った意味は、彼らは、殉教者と思っていないということだろう。

 

しかし、殉教者となるだろう。殉教者として認識されるだろう。過去と同じではないかもしれないが、しかし、私は、これは何か人々がある程度そのために準備すべきことだと思う。

 

私が、「この忠誠にサインするか、さもなくば、お前を箱に入れ、アリゾナにつれていく、そこは砂漠だ・・・」という選択を迫られたら、私たちはそれを決める用意をしなければならないと思う。

 

E:私は、このテープは言葉に尽くせないほど非常に大きな意味があり、警告であり、私たちにすべきこと、すべきでないことを伝え、このテープを聞いた人は誰もが小さな範囲でできることを考えるだろうと思う。

 

私は、それは、すばらしいことだと思う。彼が話しているのは、現実の地球を打ち砕くようなことではない。彼が話すにつれ、・・・彼が話しているのはささいなことである。TV. 私たちが毎日していること。私たちのコントロールの下にあること。私たちが読む本・・・。

 

彼らが起こそうとしているこれらの変化のいくつかは、もし、その家族の中の個々人に起きると、彼は言葉を口に出し、ささいなことをするであろう。しかし、長い目で見れば、それらは重大である。

 

D:洗脳から生き残った囚人は、霊的に方向づけられた人、神について考えている人、神とかれらの関係を考えている人であり、よく備えができており、あるいはこの世界を生き抜くことを用意できており、そして、次(あの世)も。一方、今すぐかれらの必要を満たすことに、物質的必要性を満たすことに完全に焦点を合わせる人は、よりコントロールされやすいだろう。

 

あなたの快適さを失うという脅し、あるいは食べ物を失うという脅し、あなたの頭脳を失うという脅し・・などの下で、確かにある人たちは利益を得ようとしている。

 

そして、生き抜く人たち、この世でもその次も両方を生き抜く人たちは、彼らは、準備されている人にならねばならない。

 

というのは「サインするかしないか」を決めるときがきたとき、準備を始め、「考えるからちょっと待って」と言うのでは遅すぎる、と私は考えているからである。

 

それについて考える時間はないであろう。イエスかノーのどちらかを言わねばならない。私は、多くの人たちが正しい決定をすることを望む。

 

E:私も同感です。このテープは多くの命を変えるでしょう。そして私がそうであったように皆さんにもいい効果があることを願っている。どうもありがとうございました。

 

さらに情報が必要な方は、「米国・命の同盟」までご連絡ください。

Box 315, Export, Penn 15632

このテープに関するあなたのコメントと意見、その他の情報をお待ちしています。

 

 

訳者注:ヨハネの黙示録 13章の後半

 

11 また、私は見た。もう一匹の獣が地から上って来た。それには小羊のような二本の角があり、竜のようにものを言った。
12
 この獣は、最初の獣が持っているすべての権威をその獣の前で働かせた。また、地と地に住む人々に、致命的な傷の直った最初の獣を拝ませた。
13
 また、人々の前で、火を天から地に降らせるような大きなしるしを行なった。
14
 また、あの獣の前で行なうことを許されたしるしをもって地上に住む人々を惑わし、剣の傷を受けながらもなお生き返ったあの獣の像を造るように、地上に住む人々に命じた。
15
 それから、その獣の像に息を吹き込んで、獣の像がもの言うことさえもできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。
16
 また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。
17
 また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした
18
 ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。

            

【転載終了】



<告知>

和佐大輔君には大変勉強させられた・・
しかし、まだまだである!
ノウハウ(技術)は盗むことも出来る?!
しかし、スキル(能力)は磨かねばならない!
文化は培われるものだ!
それを目指す類い希な情報だ・・・。

 

 

 そして、書きたいことが、一つあるとすれば、それは触れて馴染めば、あたりまえの可能性を知ることとなろう。

 日常の立ち居振る舞いのように、チャンスを掴むことが自然と身に付くかも知れない。

おそらく最終回となるだろう・・・

第四回創造的破壊プロジェクト!

H1_logo

<画像をクリック・・無料>


10月20日0:00~

31日23:59限

年収1億円のカリスマコピーライターの対談を聞いてみる


資産10億円の天才マーケッターの対談を聞いてみる


月収1500万円のスーパーアフィリエイターの対談を聞いてみる


20カ国語を操る天才言語学者の対談を聞いてみる



累計1000万部を売った日本一の編集者の対談を聞いてみる


日本一有名で、日本一高収入な元予備校講師の対談を聞いてみる


※どの対談を申込んでも、6種類全部聞くことが出来ます。
 まずは興味のある対談から聞いてください。



認証コード(5233)

a:1118 t:4 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional