ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

驚異のSEO対策・・・、ネットに関係する者なら垂涎の情報!

驚異のSEO対策・・・、ネットに関係する者なら垂涎の情報!

実は、SEOに対しては正道しか歩んだことはない・・・
というより、Google(検索サイト)に盲従しているだけかも知れない!
邪道は必ず、破綻するからである!!
『策士、策に溺れる』、ということわざもある・・・

 であるから、SEOについて、語る資格は大してないのであるが、重要性は認識している。まあ、言ってみれば、サイトを運営すると言うことは、無数のネット端末にノックしている。言う言わないに関わらず、そうなっている。それが目的だ。そうでない人はいないだろう。

 その前に、少々小難しい話であるかも知れないが・・・

 SEOについて、初心者でも分かるように解説してみよう。Search Engine Optimizationの頭文字である。

 意味は、検索エンジン最適化、つまり、運営するWebサイト(ホームページ)をより上位に表示されるように設定することをいう。

 これが何故、重要かと言うと、重複するが、Webサイト(ホームページ)を開設、運営すると言うことは、誰しも多くの人々に知ってもらうことを、本然の目的としている。そうではないという人はいない。企業等は、広告宣伝・告知が目的であるから、そう言う専門部署すら設けている。

 又、

 ホームページ作成業者は、SEOに強い業者であることを売り物にしているケースが多い。当然と言えば当然であろう。

 検索は、様々な方法が在るようであるが、なじみの言葉に、検索エンジンという、自動検索ロボットが四六時中、ネット内を検索している。今や、アップするとすると数秒以内に、反映される優れものとなった。数秒ではない、コンマ何秒だ。

 検索エンジンは、有名なところではGoogleやヤフーその他多くあって、中でもGoogleが筆頭格であることはよく知られている。その手法は、専門的にはよく知らないが、日夜しのぎを削って進化を企図している頭脳集団が居ることであろう。それは優良な情報を、いち早く検索して、表示することが検索サイトの使命だからだ。

 釈迦に説法になるかも知れないが、検索サイトにアクセスが集まり、広告収入が増えるからだ。それが検索サイトの収益に直結しているからだ。世界のGoogleは、そうして覇を競って生まれた。

 世に言う、ググルとは検索することの代名詞にもなっている。

 ネット検索する人は、自分の求める情報をいち早く探しているというわけだ。

 逆に、

 Webサイト(ホームページ)を開設している立場からすると、お陰で自動的に世の中に宣伝をしてくれる有力なツールとなっている。これほど有り難いものは無いと言うことになる。

 注目をされないと、数あるWebサイト(ホームページ)は、いつまで経っても埋もれたままで、誰にも知られないWebサイト(ホームページ)となるのである。これではサイト開設の意味がない。

 
 だから、何とか上位表示されるよう智恵を凝らしている。これがSEO対策と言うものである。

 上位表示を狙うと言うことは、埋もれさせないでデビューするようなものだ。有名Webサイト(ホームページ)になると言うことである。サイトを開設した者にとってはきわめて重要なことだ。SEOを無視すると言うことは、立地を無視して、人通りの無い、裏道に店舗を開店するようなものである。

 だから、Webサイト(ホームページ)を開設して、ショップやビジネスを広めようとすると、なおさら重要な事だと言うことは理解して頂けると思う。これは同時に言論でも言える話だ。辻立ちするなら、人通りの多い表通りだ。

 又、同時に、検索サイトは、如何に正確な情報を提供できるかと言うことも競っている。


 つまり、

 検索エンジンには、不良なWebサイト(ホームページ)や、不正な要領で上位を狙うサイトを排除しようとする目的もある。検索エンジンの質が問われるからである。



 昨今は、その傾向が著しい。

 その仕組みは、世界の頭脳集団が日夜智恵を廻らしているので、下手な細工は思わぬ落とし穴に嵌(おちい)ることが多いと考える一人だ。

 そう言うことで、正道を行くことに徹してきた。

 SEOの正道とは、愚直に良質の情報を数多く提供することに尽きる。そうすれば、自ずとアクセスが次第に増加するし、外部からリンク等も多く張られて、検索エンジンは自動的に上位表示してくれる。しかし、時間を必要とする。何でも辛抱強く努力する必要がある。

 中には、外部リンクを高額の料金で買って、あたかも多くのリンクが張られているかの様に装うSEO業者もある。これなどは邪道だ。初めは上位表示されていても、ある日、突然検索から排除される憂き目のサイトも最近は多くなっている。

 不良なWebサイト(ホームページ)、実体を伴わないサイトと認定されるからである。邪道を避ける理由は、こんな憂き目を避けるための基本である。



 どのようにしてSEOは為されるべきか? その方法とは? その道の専門家は多いが、邪道は極力排除しなければ、しっぺ返しの後悔は、まさに先に立たないであろう。

 愚直に、正道に徹する、これが基本であるが、工夫が必要であることは言うまでもない。

 そんなとき、実際、驚くべきシステムを知ることになった。

 それをシェアしておきたいと思う。


 実に合理的なシステムであり、考え方だ。導入するかどうかは、それぞれの自己責任だが、私は推奨したい。そして、人に勧めるものは自分でも実行するのが流儀であるから、当然そうする。

 その方法論について、書くには余りにも時間を必要とするし、又、専門的見地も十分ではないから、割愛するが、しかし、分かるのである。そのための拡散である。

 これは正道を行く、画期的システムである言うことが、素人の私でも分かる。それは情報を共有するというコラボレーションでSEO対策をするというのだ。細かいことは抜きにして、王道のアイディアだ。

 これは端的に言えば、数ヶ月、数年を掛けて、愚直に優良情報を提供し続けても多勢に無勢、個人のWebサイト(ホームページ)では、限界がある。

 これは一気に大企業をも凌駕するアリの軍団作戦だ。

 個が集まり、ネット軍団を構成する。そして、一気に上位表示を狙う作戦だ。

 集会結社の自由という、自由主義社会の鉄則がある。ネットは自由主義の象徴的存在でもある。その中で情報を共有することは、まさに王道中の王道であろう。それがシステム化されている。

 少しだけ細かいことを言えば、検索の要諦に如何に多くの外部リンクの数があるかと言うことは、きわめて重要な事だ。人気サイトは、多くのリンクが張られているから、検索エンジンはそこのところをチャックしていると言われている。



 間違っても、外部に対してリンクを張ることを言うのではない。外部に対してリンクを張ったり、転載情報のみだと独自情報サイトは見なされない場合がある。難しいものだ。

 Webサイト(ホームページ)を作成しても、初期の頃は誰にも見向かれないのは当然で、これは致し方がない。それでも愚直に良質の情報の更新を続けていくと、やがて、注目されるところとなる。それは多くの外部からリンクが張られるようになるからだ。そこのところを検索エンジンは観ているのは、自然の流れだろう。

 基本は、愚直な更新である。しかし、正当な方法で外部からのリンクを獲得することは、必須である。しかし、これが、難しい。しかし、ポータルサイトを活用すれば、それが早い。ブログが上位表示されるのは、ポータルブログの場合だ。

 ポータルサイトが、当然の事ながら、アクセス数を伸ばす努力をして、内部で競うからである。良くあるランキングなどは外部リンクを増やす方法論の一つだ。

 この度のSEO対策は、このポータルサイト様(よう)に共有して構成するというものだ。実によく考えられていると感心した。驚異のSEO(検索エンジン最適化)が登場したというのはこのことである。

 分かる方は、分かるであろう。そして、ネットに於いて、ビジネス展開を企図するなら、SEOを抜きには考えられないだろう。そう言う向きに、情報をシェアしたいのだ。


 これからは、ポータルサイト頼りのサイト(ブログ)は危険である。何時消されても可笑しくはない時代だ。昨今はアメブロは、どんどんブログを消しまくっている。ビジネスブログは、ポータルサイトの広告宣伝戦略と利益相反するからであろう。考えられる『仕打ち』である。


 これからは、独自サイト、独自サイトブログを志向する時代に入った。

 しかし、決めるのはあなた自身である。期間の限定(10月15日限)もあるし、当然の事ながら、無限の共有は利益相半にもなる。何でも競争というものがあるから、先んずれば、人を制し、ネットを制するという当たり前な原理を理解して頂ける方のみの、垂涎の情報であることは疑いがない。

 詳しくは、以下の画像をダブルクリックして、判断してみてくれ賜え!

 

 少し、付け加える。
 

 これは有料ツール情報である。

 だから、十分に吟味して、導入を検討されたい。これからも引き続き、詳細情報を暫時追加していく予定である。

 私の判断基準はこうである。

 これからの時代は、ネットこそ仕事の重要なツールである。

 仕事は全て情報の伝達から始まる。

 ネットは、個人で唯一マスメディアに対抗しうる情報ツールであろう。ビジネスであれ、言論であれ、自動宣伝の要は、SEO(検索エンジン最適化)を外して考えられない。検索エンジンは、無料の宣伝システムであるから、その最適化はいずれのサイトもしのぎを削っている。

 私は専門家ではないので、愚直にサイト構成に努力する事に徹する主義であるが、智恵と技術を必要とする。

 その中で、Tiger-Wingの基本思想と基本システムは、まさに鬼に金棒だと判断した。特に共有システムには青天霹靂であった。時を置かず導入することは、機先を制することに通ずる。

 迅速なることは勝利を目指す者の第一の心得である。特にネットでビジネスを志す者は、勝利を目指すことは、成功を意味する。宣伝広告無くして、ビジネスはあり得ない。

 検索エンジンを有効活用することは、最も安上がりの宣伝戦術である。と言うことだ。

 

 

 



認証コード(2470)

a:1087 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional