ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

逝ったマシュー君の天界からのメッセージ!!61

逝ったマシュー君の天界からのメッセージ!!61

マシュー君のメッセージはいつも穏当だ。
劇的を期待する向きは多いが・・・・
問題の主人公は地球人類にある!

気づきと努力は主人公の責務であり義務だと思う?!


 中でも、バラク・オバマに対する評価であろう。 


 言うまでもなく、アメリカ大統領となるには、多くの障壁がある。先ず、FRBだ。この承認無くして先ず何人と言えども米国大統領にはなれない。だから、そのペピットであると言う説も穿ち得る。


 はたして、そうばかりであろうか? あのJFKもそうであったが、単なるペピットで終わったであろうか? 残念ながら、暗殺されたがその理由は何であったのか? 諸説あるが、一つはディスククロージャーであった。


VIDEO JFK The Disclosure speech

(このスピーチはケネディー元大統領が死亡したパレードで車に同乗していたコナリー元アリゾナ州知事に手渡していた原稿をマウリス・オズボーン氏が読み上げたものである)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカ国民、並びに全世界の市民の皆さん

私たちは今新しい時代への旅に向かおうとしています。人類の幼年期が終わり、別の新たな段階に人類は入ろうとしているのです。

私がお話している旅は私たちの理解を超える試練に満ちていますが、これまでの私たちの体験してきた数々の戦乱は私たちの世代がこれから迎える飛躍への特有な準備のプロセスであったと私は確信しています。

・・・・・・・・・・

My fellow Americans, people of the world, today we set forth on a journey into a new era. One age, the childhood of mankind, is ending and another age is about to begin.

The journey of which I speak is full of unknowable challenges, but I believe that all our yesterdays, all the struggles of the past, have uniquely prepared our generation to prevail.

・・・・・・・・・・

世界の市民の皆さん

私たちは宇宙で孤独でいるわけではありません。無限の知恵を備える創造主は自らの創造した宇宙に私たちと同じように知性を備えた多くの生命体で溢れるばかりに生み出されたのです。

Citizens of this Earth, we are not alone. God, in His infinite wisdom, has seen fit to populate His universe with other beings — intelligent creatures such as ourselves.

・・・・・・・・・・

私がなぜ権威を持ってこのように話すことができるか?

1947年にア メリカ軍はニューメキシコの砂漠地帯で正体不明の飛行物体の残骸を修復しました。その後、科学的な調査によって、この飛行物体は地球からはるかに離れた外 宇宙から飛来したことが明らかになりました。その時以来、アメリカ政府はその飛行船に乗船していた生命体とコンタクトを続けています。

How can I state this with such authority? In the year 1947 our military forces recovered from the dry New Mexico desert the remains of an aircraft of unknown origin. Science soon determined that this vehicle came from the far reaches of outer space. Since that time our government has made contact with the creators of that spacecraft.

・・・・・・・・・・

このお知らせは素晴らしく聞こえるかもしれませんし、恐ろしいと思われるかもしれません。しかし皆さんにお願いしたいのは、このニュースに不当な恐怖心を抱くことのないようにしていただきたいのです。

大統領として、私は皆さんにお約束します。

彼ら地球外生命体は私たち地球人類に害を及ぼすことは決してありません。

Though this news may sound fantastic — and indeed, terrifying — I ask that you not greet it with undue fear or pessimism.

I assure you, as your President,

that these beings mean us no harm.

・・・・・・・・・・

それどころかむしろ、彼らは私たち地球人類の共通の敵・・専制・貧困・病気・戦争との私たちの国家の戦いを支援することを約束しているのです。

Rather, they promise to help our nation overcome the common enemies of all mankind — tyranny, poverty, disease, war.

・・・・・・・・・・

彼らは人類の敵ではなく、むしろ友人であると私たちは結論しています。

地球人類と地球外生命体は共に力を合わせてより良い世界を創造していくことになるのです。

We have determined that they are not foes, but friends.

Together with them we can create a better world.

・・・・・・・・・・

これから先、人類がつまづいたり、道に迷うことがないかどうかは私にもわかりません。

しかし、この素晴らしい国の進むべき真の道を私たちが見出したことを私は確信しています。

地球人類を輝かしい未来へ導く道を・・

I cannot tell you that there will be no stumbling or missteps on the road ahead.

But I believe that we have found the true destiny of the people of this great land:

To lead the world into a glorious future.

・・・・・・・・・・

これから訪れる毎日、毎週、毎月・・

皆さんは彼ら訪問者についてどんどん知るようになります。

なぜここに来ているのか、なぜ長年にわたって皆さんのリーダーたちがそのことを秘密にしてきたのか・・

In the coming days, weeks and months, you will learn more about these visitors,

why they are here and why our leaders have kept their presence a secret from you for so long.

・・・・・・・・・・

皆さんに今お願いしたいことは、不安な気持ちではなく、勇気をもって未来に向き合ってほしいということです。

なぜなら、私たちは今、人類すべての永遠の夢であった世界平和のビジョンを手に入れることができたからです。

I ask you to look to the future not with timidity but with courage.

Because we can achieve in our time the ancient vision of peace on Earth and prosperity for all humankind.

神の祝福をこめて

God bless you.

J・F・ケネディー

If President Kennedy Had Disclosed, What Might He Have Said?【転載終了】



 何を言いたいのか、分かるであろう。確かに政治とは、多くの妥協の産物から成り立っている。妥協が時期尚早か、理想が闇に葬られることは多くある。バラク・オバマが兎も角、妥協の果てにイラク・アフガンから撤退したことは正しい。


 又、皆保険制度を導入しようとしたことも正しい。核廃絶を宣言したことは、時宜に叶っている。そして、富裕層に対する姿勢は、十分ではないにしても方向性は正しい。そして、グァンタナモ基地の捕虜収容所を廃絶に向けた決定も、その後の紆余曲折があるが正しい。


 そう、思料している。


 出自や経過事情は、無視されないかも知れないが、重要なことは何を為そうとしているかと言うことだ。おそらく、イスラエルのイラン攻撃を阻止しているのは、オバマの隠然たる意思に由来していると考える。


 それに引き替え、ロムニーは危険であると同時に、その器ははなはだ危うい、器はしかとは知れないが、背景はすこぶる危険なカルトを背景にしている。



 ズバリ言おう。モルモン教は立宗以来、明らかなカルト勢力である。言わば、アメリカの統一協会みたいものだ。末日聖徒イエス・キリスト教会と名乗り、キリスト教分派を銘打っているが、似て非なるものだ。今や、闇はそう言った勢力まで駆り出さ無ければならないほどに衰微していることを意味する。

Joseph_smith_first_vision_stained_g

<偽預言者ジョセフ・スミスは地獄にいる!>


 百歩譲って、オバマがペピットであるとしよう。ペピットであっても、本物はいつか化けるのである。JFKがそうであったように、無自覚の魂の輝きがやがてほとばしる時が来る。常に歴史はそうであった。英雄とはそうしたものだ。


 まあ、見ているが良い。と、思っている。



【転載開始】土曜日, 9月 06, 2012

Genmorita   

マシュー君のメッセージ(61)

 
マシューブックシリーズの最終版『マシューブック4:宇宙の声』がもうすぐナチュラルスピリットから出版されますが、それに際して、マシュー君が日本人への特別メッセージを送ってくれています。ここでそれをご紹介します。
___________

マ シューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちを代表してお話しします。あなたたちの国が地震と津波に襲われた瞬間、この宇宙のあらゆる光の魂たちが、あ なたたちを支えるために愛と光のエネルギーを送り始めたことを、あなたたちに伝えられるのは僕にとって名誉なことです。
 
肉体での命を落としたあなたたちの国民は、霊界へ瞬間的な速さで移行し、そのあ いだは優しく抱かれ、そして到着したときは愛情ある介護を受けました。すべての魂たちはいま完全なエーテル体として元気よく楽しく暮らしていますので、ど うか安心してください。あなたたちの国に降り掛かったあの悲劇から、その人たちの精神は癒されています。そして僕たちとほかの光の魂たちと同様に、あなた たちの別れた家族と友人たちも、愛のエネルギー送って全国民の悲しみを癒しています。
あなたたちの不屈の精神と勇気、そして気持と物資と経済を回復する素晴らしい能 力に敬意を払いながら、あなたたちの取り組みは決してあなたたちだけではないことを、僕たちは知ってほしいと思います。絶えず強力な光が送られていると同 時に、あなたたちには宇宙ファミリーたちのテクノロジーによる助けがあるのです。

あなたたちの上空にいる何千もの宇宙船に乗っている乗組員たちが、損傷した原子力施設からの放射性物質の放出を減らしています。あなたたちのものより高性能の彼らの測定装置は、地球で報告されているものよりはるかに危険度の低いレベルを示しています。
 
また、津波が引いたすぐ後、乗組員たちが施設から数マイルの場所に小型宇宙船を着陸させました。そこから、船内のテクノロジーによって汚染をさらに効果的に食い止め、原子炉の外部と内部へのより以上の被害を防ぐことができたのです。
 
日本の未曾有の被害は、地球のあらゆる人々にとって偉大な恩恵をもたらしたので す。原子力発電所は世界中で解体され、もう新規の施設は建造されないでしょう。あなたたちが悲しみと困難に耐え、それらを乗り越えることで、あなたたちは 黄金時代への道を開く計り知れないほどの助けをしているのです。
 
僕たちの愛するファミリーに敬意を表します。
 
永遠の愛と感謝をもって。

マシュー       

2012年8月28日
_________
 
”ディスクロジャー”という言葉は、本来”情報公開”とか”開示”という意味ですが、ここではとくに、”ET(地球外生命体)の存在の情報公開”という意味で使われています。その文脈で言えば、このマシュー君のメッセージもディスクロジャーの範疇に入るでしょう。
***************************
マシューのJPG
2012年9月1日

目標間近いアセンション、地球の最終目的地の第五密度、継続するETの支援、ディスクロジャー、ハトン:オバマ再選の鍵のETの到来と黄金時代マスタープラン、魂の進化を妨げる恐れ 
 
 
 
1.  マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちからこころからのご挨拶をします。光を受け入れたすべての魂たちにワクワクする気持が漂っています・・地 球の黄金時代の入口までのカウントダウンがあと数ヶ月と数週間になったからです。彼女のアセンション開始からこれまで掛かった数十年でも、さらに数年でも ありません。
 
2.  特に新しく気づきを得た魂たちの間で、でも長年貢献して来ているライトワーカーたちの一部もそうですが、この宇宙ではかつてないこの偉業のふたつの側面に ついて異なる見方があります。アセンションそれ自体とディスクロージャーです。これらを単独の、関連性のない出来事と見る人たちがいる一方で、アセンショ ンをプロセスとし、ディスクロージャーを出来事と考える人たちがいます。これらの進行中のプロセスを言わば、コインの両側として見る僕たちの見方について 説明しましょう。
3. あ なたたちの1930年代後半までに、経済恐慌があなたたちの社会に多大な犠牲をもたらしていました。またドイツの第三帝国の台頭が近隣諸国への侵略へと向 かっていました。地球の魂であるガイアは、彼女の可能性のエネルギーフィールド(場)に起ころうとしていることを知っていました。ほとんど光を失っていた 彼女の惑星体は、闇が彼女の人類の意識を支配しているために避けられない第二次世界大戦とそれにつづく残虐行為を生き延びるには、あまりにもからだが弱っ ていることを知っていました。


4.  その理由があって・・そしてそのとき・・彼女は助けを求めたのです。それに対してすぐに反応があり、遠い宇宙文明社会から莫大な量の光が注ぎ込まれまし た。それがあって、地球は深い第三密度の束縛から揺れ動いて抜け出し、ゆっくりとより高い、でもまだ非常に重い、エネルギーレベルへ上昇し始めたのです。 それが彼女のアセンションの始まりでした。
5. で は、時間を目前の今年に先送りしましょう。今年の最後の数日と2013年の最初の数日のあいだ、この惑星は第三密度と第四密度の中間にある天体ウィンドウ (窓)を通って行くことになります。そこでは両方の密度の薄いエネルギーが一時的に混じり合っています。そして第四密度に入り、そこから地球の黄金時代が 始まるのです。

6.  でも、その壮大な出来事が彼女の旅の終わりではありません。アセンションは、ガイアが太古の昔に生まれ、同様に彼女の惑星体が生まれた第五密度にこの惑星 がしっかりと落ち着くまでつづくでしょう。何代もつづいた文明社会の集合意識と釣り合った低い密度に長い間いつづけた後に、ガイアのからだはやっと故郷に 戻ったことになるのです。

7.  実際、地球が第三密度から離れることは光の満ちた宇宙全体で歓迎されるでしょう。けれども、この輝かしいプロセスがこれから何年にもわたってつづくことを 知れば、12月31日に劇的なことが起きるだろうと期待している人たちが抱く落胆を防ぐことにもなるでしょう。ダイナミックと言えるようなことが、その日 や同じ短期間になにも起きないとき、もしなにか素晴らしいことを期待している人たちががっかりするあまり、ほかの理由で地球に留まることを選ばないほかの 人たちと魂レベルで一緒になると決めるとしたら、とても悲しいことです。

8.  それではディスクロージャーについて話しましょう。これは、あなたたちの宇宙ファミリーの存在についての公式発表と関連したことなので、多くのライトワー カーたちは、あなたたちの2012年の終わりにここまで近くなっても、いまだにそのような知らせが来ないことに落胆しています。

9.  イルミナティの以前のパワー基盤は粉砕されていますが、彼らはいまだにいくつかの分野で強い影響力をもっています。そのひとつがメディアです。彼らが知ら れては欲しくないと思う情報を公表しないことで、スピリチュアル(霊的)にまた知的に進化している宇宙文明社会から来ている魂たちが何千という宇宙船に 乗って地球の周りにいることや、あなたたちと隣り合わせではたらいていたり、あるいは地球内部に暮らしていることを、あなたたちの大多数には知らせないよ うにしているのです。そのようにして、あなたたちの世界のほとんどは、僕たちの宇宙ファミリーのメンバーたちと会うことについてはまったくなんの期待もあ りません。ですから、その集合意識には彼らに関する真実の知識がまったく欠けているので、彼らを歓迎するという考えもほとんどないのです。

10.  そのことが、あなたたちと着陸部隊たちを危険に晒すことができる一部の軍に対する闇の人間たちの執拗な支配とあいまって、公式発表と(宇宙船の)一斉着陸 を延期させつづけているのです。でもなによりも確かなことは、これによっていま進行中のあなたたちの兄弟姉妹たちの支援が少しも損なわれることはありませ ん。

11.  重要な進展は地上でひそかに進行中です。宇宙船の乗組員たちは引きつづき船上のテクノロジーを使って有毒汚染を減少させ、強力な兵器の機能を停止させてい ます。彼らは、地震の影響を均(なら)して弱め、大嵐の風力を減少させ、その針路を人口密集地域から逸らさせる一方で、同量のネガティビティ(破壊的エネ ルギー)を放出させています。地上と上空の監視部隊との間で常時連絡を取り合って、組織的テロと長期の停電や通信網妨害といったイルミナティの“秘密作 戦”の企てを防止しています。

12.  これまで“ディスクロージャー”がないといって、ネガティブな気持からあなたたちが自分の光を消さないように、その開示とか暴露という意味を広げて、あな たたちの“明るみに出る”という表現を含めるようにしてください。それこそ、地球がアセンションの道を歩み始めて以来、起きて来ていることだからです。

13.  当初は、普通ではないことが起きているという兆候がなにもなかったのですが、地球の旅がつづき、光がその強さを増すにつれて、以前は邪悪な加害者たちと直 接被害を受けた人たちだけにしか知られていなかった卑劣な行為を、それが明らかにし始めました。長い間身を潜めていた闇が明るみに出るにしたがい、自分た ちも光の波動に反応していることを知らずに、人々はこころを開き始めたのです。

14.  戦争に対する世界中の人々の見方の変化を考えてください。第二次世界大戦中の連合軍の団結の精神・・殺すのは愛国的で、死ぬのは名誉・・が、平和を求める 世界的デモと瞑想に進化したのです。地域レベルから国家レベルに至る政府の腐敗と多国籍企業と金融機関の腐敗について、どれだけの情報が明るみに出してい るか、考えてください。かつてはあなたたちの子どもたちにとっては安全な場所と考えられた聖職と組織に小児愛者たちが見つかったり、かつては指導者や偶像 的存在と考えられた人間たちが堕落し、彼らの闇の資質が明るみにされています。

15.  さて、それらの明らかにされたこととほかのすべてを関連づけて、その正しい背景・・地球のアセンションに不可欠な要件・・に当てはめてみましょう。惑星地 球がつぎつぎとより高いエネルギー領域を通って旅するにつれ、かつては隠されていた、さらに広範囲の犯罪と許し難い状況が明るみされています。これは、ど のように彼らの暮らしを闇が支配しているのか、人々が理解するためにどうしても必要なことでした。そのような理解があって、人々はより良い変化をもたらそ うという気持になったのです。

16.  あなたたちの文明社会に増大する気づきと願望と行動から発生する光のエネルギーが、地球のアセンションの旅のあいだずっと集合意識を高めています。ほんの 70数年前、彼女は死の断末魔にいたのです。深い第三密度から出て、間近に迫った第四密度に入る時点までの彼女の移行は、そのスピードと規模において宇宙 でも未曾有の偉業なのです。

17.  ディスクロージャーはアセンションプロセスの本質的で不可分の部分ですが、そのように見ることで、僕たちの家族たちの存在の公式な認知がまだされていない からといって、がっかりしたり落胆する必要はなくなるでしょう。かならずそれは起きます。決められた世界の指導者たちによる公式な迎え入れは、ディスクロ ジャープロセス全体の頂点になるでしょう。そして、あなたたちと同様に、僕たちもその記念すべき日が来るのをこころ待ちにしています。

18. それがいつになるのかがあなたたちにとって極めて大切なことはわかります。それで、そのことでの最新情報を、僕がハトンに訊ねてあります。

               ハトン:私に訊いてくれてありがとうございます、マシュー。まず言いたいことは、ディスクロージャーと、どうして公式な歓迎がいまだに延期されて いるかについて、あなたが言ったことすべてに私は同意します。そして、宇宙船に乗船している私たちの乗組員たちが着陸を待機しているあいだ、彼らはできる かぎりのあなたたちへの支援活動をしており、同時に地上にいる私たちの乗組員たちも責任を全うしていることを説明してくれたことに感謝します。私たちはも う十年間もこれをいつでもできるように準備しているんですよ。
              しかし、それをいつ“公表する”かについては、もちろん安全性の問題がまだありますが、アメリカ合衆国の11月の大統領選挙が新しい鍵になります ね。オバマ政権の存続は不可欠です。これはあの国の、あるいはほかのどの国にしても、政治問題とはまったく関係ないことです。それは黄金時代のマスタープ ランになくてはならないことなのです。

そのプランは、地球の 魂であるガイアの望む通りになっています。彼女は、だれもが公平な分け前をもち、だれもがガイアの自然界のあらゆる存在を敬うような平和な世界を望んでい ます。宇宙最高評議会は、プランの最重要人物として、高く進化したスピリチュアル(霊的)な地位と、多くの転生からの古代の叡智と世界的指導者としての経 験をもつ、ひとつの魂を選びました。その魂がバラク・オバマです。
彼は地球のガイアのビジョンをもって生まれ、それをいまも保持しています。そして彼にはそれを成し遂げるための気づきと資質があります。彼の対抗者にはそのプランが必要としている変化を起こす能力も関心もないので、彼の大統領再選は絶対に欠かせません。
私たちはまったく非政治的であり、べつに対抗候 補者のミット・ロムニーを軽視しているわけではありません。ただ、彼と彼の意見に同意する人たちが、お金に関わるかぎりはいまの体制を変えようという気持 がないこと、そしてわずかな者たちが数十億をもち、一方で数十億の者たちがわずかか何もないという全体としての不平等はもうこのままにはできないし、また それは変わるでしょう。地球はそのような不均衡がつづくことを許さないからです。
ここでは、もっと大局 的な全体像が必要です。マスタープランには、一部の魂たちがさまざまな種類の苦しみをもたらし、それによって多くの魂たちが第三密度のカルマを早く切り上 げ、ほかの転生からのカルマ経験とのバランスをとることで、地球と一緒に行けるようにすることが含まれていました。 プランのその部分が約10年前に完了したとき、それらの人間たちは光の勢力に加わることになっていました。彼らはそうしませんでした。いくつもの戦争、偏見、腐敗、貪欲、分断化、テロリズムといった破壊的な第三密度の状況がいまだにつづいているのは、それが理由です。 
本来のプランによれば、いま頃はそのようなものはすべて無くなっていたはずです。 オ バマが大統領になったときには、彼が世界中の支持を得て、すべての国々の人々をひとつに統合し、あなたたちの世界を黄金時代に導くはずになっていました。 プランは、あなたたちと私たちが10年前に会って、欲深い冷酷な権力者たちによってもたらされたあなたたちの惑星の混乱の後始末を一緒にするように求めた のです。
それで、私たちはまだ 待っているのですが、オバマの改革推進への取り組みは、議会にいる彼の敵たちやほとんどの議員たちを支配している資本家たちによって妨害されています。彼 の家族への死の脅迫や組織投票によって、オバマは良心と彼の世界ビジョンに反した決定を余儀なくさせられています。彼と彼の家族に私たちの保護があること を知った後、彼の気持はそのような深刻な不安から解放されましたが、彼はまだ頑強な党派意識と見え透いた嘘や事実の歪曲と対処しなければなりません。
それがいまアメリカで 注目を浴びていることですが、そこにあるべきことは、その国がどのようにほかの国々と協調して、あなたたちの世界の現在の嘆かわしい事態を正して行くかと いうことなのです。オバマが彼の地位に留まるために、私たちの出現がどうしても必要であるならば、私たちは選挙に十分間に合うようにそうするでしょう。も し彼の再選が確実になれば、そのすぐ後に私たちは現れるようにします。
繰り返しますが、これはまったく政治的なことではありません。私たちが一旦そこに現れれば、政治的な違いなどどの国でも問題にならなくなるでしょう。私たちについての真実、そして明らかにされる予定の多くのほかの状況が、明らかにされるでしょう。
マシュー、私たちが“晴れて表に出る”ようになる日について、私がいま言えるのはそんなところです。私に話す機会をくれてありがとうございました。
19.  ハトン、とても明瞭な状況説明と、投票日の直前か直後のどちらかになるかはわからないけれど、僕たちの宇宙ファミリーの公式な歓迎がかならずもうすぐある と言ってくれてありがとうございます。12月31日に劇的なことが何も起きないと、魂たちが離れる選択をするかもしれないという私たちの心配は、それで解 決です・・僕たちの“宇宙”ファミリーの紹介で、それは壮大なドラマ展開になるでしょう。

20.  愛するライトワーカーたち、宇宙文明社会人たちの存在を人々に認めさせたいというあなたたちの切迫した気持が単なる興味からではないことは、僕たちもわか ります。それは、戦争と広範囲な苦しみ、そして無差別な暴力行為を終わらせたいという、あなたたちのこころからの願いです。
21.  以前のメッセージで話しましたが、そのような状況を長引かせているのは、双対性の性格と行動を増幅している・・“良いもの”はより良く、“悪いもの”はよ り悪くする・・波動が広く行き渡っていることが主な原因です。そしてマスタープランのタイミングに関してハトンが言ったことにしたがえば、この時点では、 “より良くなっている良いもの”だけをそれは求めたのです。
22.  余分につづいた闇の支配が多くの人々に恐ろしい苦しみをもたらした一方で、より重要なことは、それらの魂たちがどのような影響を受けているかです。短い寿 命やトラウマや過酷な経験がその人たちの合意事項になかった場合は、彼らにはスピリチュアルな進化という神の恩恵が与えられました。また、加害者たちの行 為が彼らの合意にはなかった場合は、彼らはスピリチュアルに後退しました。つまり、余分な闇の時代のあいだでも、魂の永遠の生命のサイクルとしては悪影響 を受けなかったのです。そして何百万という数知れない魂たちがスピリチュアルと知的な飛躍を遂げたのです。

23.  どのようなことにも恐れの感情を抱く必要がないことについて、もう一度話すことが大切だと僕たちは感じています。オリンピック大会中のテロ事件についての 心配が杞憂だったことを、あなたたちは見ましたね。ほかのあらゆる恐れに満ちた話と予言と報道を、同じ範疇にぜひ入れてほしいと思います・・それらが起こ ることはありません。これは、イルミナティは恐れをもたらそうという策謀がないという意味ではありません。彼らのこれまでの企てが、上空と地上にいる僕た ちの宇宙ファミリーの妨害によって失敗に終わっているように、すべての闇が消滅するまで、彼らのほかの計画はすべて同じ運命になるだろうという意味です。 そして、それももうすぐのことです。
24.  地球のアセンションではこれまでのところ、多くの人々の恐れがあっても、それが彼女の着実なペースを遅らせたり、そのコースを逸らすことはあり得ません が、一人ひとりのスピリチュアルと意識レベルの気づきの成長を遅らせることはあります。僕たちは、この宇宙でもっとも強力なエネルギーである無条件の愛で あなたたちすべてを包んでいます。もしあなたたちがこれを受け入れさえすれば、これから先にあることについて何の恐れも抱くこともなく、今年の残った日々 と来るべきすべての年月を喜びとワクワクする気持で楽しみに待てるのです。あ、ちょっとここで、自分たちを“言い直”させてください・・あなたたちが急速 に近づいているコンティニュウム(時空連続体)の中ではリニアル(線形)時間という表示がないので、年月の代わりに、来るべきすべての転生と言い換えま す。
25. この転生でのあなたたちの長い旅を通して、ずっと僕たちは霊体であなたたちと一緒に旅しているのですよ。そして一歩一歩、地球の黄金時代の輝かしい入口へとあなたたちが近づいて行くのを、僕たちは一緒によろこんでいます。

 
___________________________________
愛と平和を

スザンヌ・ワード著

原文:Matthew's Message

訳文責: 森田 玄
【転載終了】



認証コード(2441)

a:1325 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional