ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

確実に凋落する既存支配勢力・・・、誰も止められない!!

確実に凋落する既存支配勢力・・・、誰も止められない!!

飯山さんはメルトダウンと評しておられるが・・・
まさにその様相・・・
これはまだまだ先があるだろう
これからだ!!


 これは何を意味するか?


 株は人気投票である。言わば、選挙に株価格というプレミアムが加味された、実質人気投票である。参加する人数は少ないが、欲が表に表れるから、動きは敏感だ。

Photo


 電力株がこうまで落ち込むと言うことは、集団意識はこれを見捨てたと言うことだ。


 信用していないと言うことだ。


 ウソ八百に愛想を尽かしたと言うことだ。ウソに虎の子を託すのは危険極まりない。そう言うことには、何より敏感だ。大勢は詐欺師、ペテン師を見抜いていると言うことになる。

0712124

Nikkei0712124


 気づかないのは、それを必死に食い止めようとして、ウソの上にさらにウソを積み重ね、その一方でバレまくっている支配階層である。結局は、自ら墓穴を掘っていると言うことに気がつかない。


 再稼働しないと、債務超過になると焦っているから、今では原発が最大の荷物になっていると言うことを天下に晒している。それでは受注が減ると重電を初めとする産業界だ。その流れが一連の結託マフィアの言動であるから、見透かされて、人気が落ちるのは明白である。


 製薬メーカーが上げるのは、行き先を失った資金移動である。これも後にはウソがばれるから、いずれは凋落するだろう。ワクチンだ、制癌剤だ、毛はえ薬(?)だ、・・なんだかんだ言ってもそれらは全て、利権製品だから、その内、大きくウソがばれる。


 必死に宣伝をしているの産業は軒並み潰える。宣伝とは洗脳であるから、洗脳が効かなくなったら、そこで終わるのである。


 そもそも、


 洗脳を仕掛けなくてはならないものは、本物ではない。これまでの世界は洗脳に次ぐ、洗脳であったが故に、金科玉条のごとく踏襲しているのである。それを飯の種に大手広告会社が仕掛けるから、それに乗っているだけの話である。

Img_778690_49233549_4


 本物はこれから宣伝しなくても広まるだろう。


 それは洗脳が解ければ解けるだけ顕著になるだろう。一番危ういのは、ウソの宣伝で儲けてきた電通・博報堂…広告会社だ。だれもそう言う人はいないが、そう思っている。


 メディアが変化している。間接メディアは凋落する。そして、洗脳は効果を失ってくる。これからは直接メディアの台頭がある。その時、真相がより広まるであろう。


 楽観している。大いに楽観している。凋落するものは早く凋落すれば、いいのである。その後にフリーエネルギーや、本物の技術製品が登場するだろう。今は、弾圧しているから市場に出ないだけの話で、市場に登場させるほか手段がなくなるときが来るだろう。


 活況を呈するのは、その後のことでしばらく諦観する必要があろう。本来、株式市場は優良な事業を援助するためにある。今は、欲の狩り場だ。本物が登場するまでしばらくは、様子眺めが賢人の策であろう。


 世界経済は、強欲の狩り場であるから、なお一層それが顕著であるだけだ。


電力株の下げが止まらない。
暴落というより底抜け!という下げ方だ。
底抜けチャンピオンの関西電力の本日の引けは、616円。
これは、50円額面換算では62円。まもなく額面割れということだ。
堅い資産株の横綱格だった関西電力株の保有者は真っ青だろう。

関電も、民主党政府も、橋下市長も、道を誤ったのだ。
国民を不安、いや激怒させる大飯原発の再稼動を強行するなど愚の
骨頂とゆーより、ほとんど殺人準備行為だ。<後略>【転載終了】


【転載開始】東京株終値、122円安の8365円

産経新聞 7月25日(水)15時38分配信

 25日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日続落した。前日の欧米市場の株安や円高を嫌気した売りが広がり、終値は前日比122円19銭安の8365円90銭と、年初来安値(8295円)を付けた6月4日以来、約1カ月半ぶりの安値水準となった。

 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は11.21ポイント安の706.46。


 欧州債務危機の拡大に対する懸念から、前日に米株価が急落。米アップルが前日発表した決算が市場予想を下回ったことも嫌気され、東京市場でもハイテク株を中心に売り注文が膨らんだ。


【関連転載】25日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日続落した。
前日の欧米市場の株安や円高を嫌気した売りが広がり、
終値は前日比122円19銭安の8365円90銭と、
年初来安値(8295円)を付けた6月4日以来、
約1カ月半ぶりの安値水準となった。

  東京電力   127円                                             
  関西電力   619円 (年初来安値)
  中部電力   930円 (同上)
  中国電力   998円 (同上)
  北陸電力   763円 (同上)
  東北電力   546円 (同上)
  四国電力  1250円 (同上)
  九州電力   659円 (同上)
  北海道電力  733円 (同上)
  沖縄電力  2059円 (同上)

(その他の年初来安値:全部で409社)

  東芝、シャープ、パナソニック、ソニー、ホンダ、三菱重工、三菱電機、電通
  資生堂、キャノン、旭硝子、住友化学・・・・etc

東電はわかるとして、他の電力会社が軒並み年初来安値っておかしくない?
円高だから、製造業の企業も安値更新です。

ただ、全銘柄が株下げしたわけではありません。
いつの時代でも医薬品メーカーは堅調ですが、ポンプ、ドラッグストア、医療機器も
堅調で、中には「年初来高値更新」の企業もありますね。
東京計器(7721)という、防衛省向けに精密機器を製造している会社の株は
18日と本日、出来高が急に増えてるんですよね。(+3円で終了)

気になるコードをカキコしますんで、調べてみてね~♪
色々と買われる要因はあるのでしょうね。詳しくはわかりません。

4567、4508、7775、6365、5994、3349、3398、7980
6960、6869、6849、4967、4694、4541、4527、4519
4503、3604、2784・・・etc【転載終了】



認証コード(1219)

a:1337 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional