ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

池田整治氏「福島原発ではいま?」

池田整治氏「福島原発ではいま?」

福島第一原発4号炉の冷却停止事故は、
事無きを得たが、
情報開示はなきに等しい・・・
原子力事故に関して、情報隠蔽は著しい!!
それに対比して、池田整治氏の正論は新鮮だ!!


 とはいえ、当然の話である。それが新鮮に見えるのは、如何に今が狂っている状況であることを示して余りある。


 隠したいのである。隠したい理由があるのである。隠したいことを目論んであるからである。


 原発再稼働は、理由の如何を問わず、推進したい理由があるからである。


 そう言うことから、終熄は2の次なのである。そう感じざるを得なくなる。


 実際、それが原因で決定的な解決が大幅に遅れている。そして、危機が継続している。危機が内包されたままで、再稼働が強引に推進されている。


 反対運動が一層高まるのは必至である。もはや、正論は封じられ、虚論が賑わい、辻褄合わせだけが横行し、人々の鬱積が高まる。行くところまで行くであろう。


池田整治氏「福島原発ではいま?」第2弾 WF201205ダイジェスト版





 先月の冷却停止事故であるが、装置の故障ではあるまい。放射能下の性急な工事のために、冷却水送水ホースがあちこちで寸断された結果であろう。



2012.06.26_11.59--12.59(TBS_JNN)



 経費の節減のためか、緊急性のためか、理由は知れないが、鉄管パイプを使用しないで、サクションホースを施設したための予見された結果だ。


 それにしても普通は養生して工事するものであるが、それが出来ていないと言うことは、作業員の質に問題があろう。つまり、寄せ集めを示唆している。それとも養生する事も出来ないほど、高放射線量を示していたか、いずれかであろう。


 

4highres_00000402808337


 ずいぶん上部構造物を除去したものだ。これは一理ある。それだけ建物破損が著しいことを示している。何時崩壊しても可笑しくない状況を暗示している。


 だんだん上部を解体しているのであろう。何故、そう言う基本的な情報開示をしないのだろう。


 この体質が、事故直後の放射能被曝を招いた。これからも何時何が進行しているのか、全く分からないまま、推移しているのである。


 

001

<最近の4号炉:直近ではない。>


568e8bc66b120b29a7e7c5815faec700

<去年の4号炉>



認証コード(7755)

a:1451 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional