ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

既に、熾烈な戦いの火ぶたが切られている!! そして・・・

既に、熾烈な戦いの火ぶたが切られている!! そして・・・

自滅解散、「バカ正直解散」・・・
ん? なことあるわけがない!
姑息に次の詐欺を目論んでいる?! そして、変な痴漢事件?!

 さもなければ、『お役後免強制解散』だろう。顔の表情からして覗える。

201211166094261l


 問題は、誰がその指令を出したか? である。前々から、解散必定の情報がリークされていた。メディアはこぞって、そう言う風潮を流していた。

 既に詰め腹は切らされていたのである。体面を保ち、解散権を封印されることを恐れて、党首討論で明言したのであろう。これで決まりだ。

 いずれにせよ、解散は解散だ。

 熾烈な戦いの火ぶたは切って落とされたことは間違いはない。

 そんなことよりも、朗報がある。

 おそらく、上告断念、小沢無罪確定だ。そのことが余程重要だ。


【転載開始】小沢氏無罪、上告断念へ…指定弁護士19日にも

 資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡り政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われ、1、2審とも無罪となった小沢一郎・「国民の生活が第一」代表(70)について、検察官役の指定弁護士は上告を断念する方針を固めた。

19日の協議で最終決定する。

 上告期限は26日だが、上告を断念した場合、指定弁護士は直ちに上訴権放棄を東京高裁に申し立てる方針で、代表の無罪が確定する。

 高裁判決は「代表には虚偽記入の認識がなかった可能性がある」として、石川知裕衆院議員(39)(1審有罪、控訴)ら元秘書との共謀を否定。東京地裁の無罪判決を支持し、指定弁護士の控訴を棄却した。

 指定弁護士3人は14日、上告するかどうかを協議。主任格の大室俊三弁護士によると、高裁判決に憲法違反や判例違反がなければ、上告を断念するこ とを決めた。大室弁護士は16日午前、取材に対し、「明確な判例違反などを見いだすのは難しいだろう。高裁の認定には不服だが、事実誤認を上告理由とする のも適切ではない」と話した。

(2012年11月16日14時32分  読売新聞)【転載終了】


 時に、風雲急を告げると、変な事件が勃発する。痴漢事件には、裏がある。これは当世の風潮であるから、まともには受け取れない。

 それにネットではそのことで沸いている。検証が終わっていないので、断言は出来ないが、仕組み冤罪の匂いがぷんぷんしている。

 そして、下記ツイッターも手回しがよすぎはしないか?

33035522_4850235230_2


 これは誰だっけ? 下記ツイッターのミクシーに張ってある。本人イメージ写真だが・・・。

33035522_838171860_171large


 この方が、確保したと自白している。是非、取材すべきだ。

https://twitter.com/namasekiyan/status/268671609714376705


 何故か?

 強制わいせつ罪(6ヶ月以上10年未満)が、1日で釈放されるはずがない。公然わいせつとは分けが違う。しかも、10分間に亘って、わいせつ行為は異常だ。

5952ef3f


 手回しの良い報道、そして、釈放・・・。おまけに連行写真流出・・・。

490eb528


 劇場は、メディアで作られるのである。最近は、ツイッターでもそうしているらしい。

 もう一度書いておきたい。迷惑条例違反事件ではないのである。強制わいせつ事件だ。何故、釈放がある?? 普通、自白しても釈放はあり得ない。


【転載開始】2012年11月16日 ()

Photo

詐欺師宰相は12月上旬に何かを仕込んでいる

本日11月16日に衆議院が解散され、12月16日に投開票日を迎える。公示日は12月4日だ。12月16日には東京都知事選も実施される。


金融市場ではすでに自民党政権誕生を予測して、安倍晋三氏の発言に敏感に反応する状況が生まれている。


野田佳彦氏は策略を巡らせて解散日程を決め、発表したのだと思われる。


消費税に関する大きなウソを糊塗するために、「消費税増税をお願いする前にわが身を切る改革を行わねばならない」などと、空々しいセリフを並べ立てた。


議員歳費を2割削減する法案が可決・成立するとメディアが報じているが、制度として議員歳費を2割削減するものでない。定数削減が実現するまでの間だけなのだ。


ペテンのオンパレード状態である。


肝心要の「天下りとわたりの根絶」など、まったくやる気がない


こんな日本政治を日本の主権者国民は許すのだろうか。

選挙の争点もさることながら、今回の総選挙は、日本の主権者国民の賢明さを問う選挙であるように感じられる。


メディアは利権複合体の一味だから、利権複合体=既得権益の政治死守を目指す。


民自公+国みん太陽維新の7会派が既得権益の政党だ。


温度差はあるが、根本にあるのは「対米隷属」だ。


メディアはこの7会派のなかに、第一極、第二極、第三極を作って、これで完結させようとしている。

「対米隷属」ムラの対極に存在するのが「主権者国民」ムラである。


こちらには、生活社民大地のきづな日本改革みどりに共産の8会派があるが、きづなが生活に合流したから7会派になった。


対米隷属派の政策方針が「原発・消費税増税・TPP」の推進であり、


主権者国民派の政策方針が「原発・消費税増税・TPP」の阻止だ。


だから、本当の対立図式は、


「原発・消費税・TPP」の推進か阻止か、ということになる。


この対立図式は、


「弱肉強食」か「共生」かという対立でもある。


対米隷属派のなかの


「松下・維新・上げ潮・みんな」の4グループが「弱肉強食派」の代表だ。


対米隷属派の残余勢力が「対米隷属B」を構成する。


メディアは民自公+国みん太陽維新の7会派で第一極から第三極を示させて、この7会派しか報道に乗せないスタンスを鮮明に打ち出している。


選挙後は、この7会派を「対米隷属A」と「対米隷属B」に二分して、新しい二大政党体制に持ち込むことを目論んでいる。


これが完成したら日本は終わりである。


日本はもはや日本でなくなる。


というか『戦後史の正体』が示した元の対米隷属日本に完全回帰を遂げる。


2009年の政権交代は、うたかたの幻と消えてしまう。

野田佳彦氏が年内投開票の日程を選んだ最大の理由は、小沢生活党の脅威を感じているからだ。


民主党消滅の回避よりも小沢生活党のせん滅の方が優先順位の高い課題なのだ。これが米国の意志である。


何がなんでも小沢生活党を潰す。


これが、野田氏が命じられたミッションである。


野田氏は12月4日から16日の間に、サプライズを仕込んだものと見られる。拉致関連かロシア関連か。いすれにせよ、こうした分野のサプライズイベントを政治利用することが計画されているはずだ。

問題は日本の主権者国民がマスメディアに流されるかどうかだ。


本当の戦いは、「対米隷属」対「自主独立」であり、


「原発・消費税増税・TPP推進」対「原発・消費税増税・TPP阻止」


である。


日本の主権者国民がこの対立軸を正しく把握するかどうか。


もうひとつのポイントは、「原発・消費税増税・TPP阻止」勢力が大同団結できるかどうかだ。


この政策を共有する勢力が大同団結しないということは、対米隷属勢力に加担することを意味する。共産党を含めて全面的な選挙協力体制の構築が絶対に必要だ。


主権者国民の賢明さとともに、主権者国民サイドの政党の賢明さも問われている。【転載終了】



認証コード(7543)

a:1034 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional