ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

利権がらみの警察ぐるみで・・・・、口封じ??!

利権がらみの警察ぐるみで・・・・、口封じ??!

ちょっと、参戦!
聞き捨てにするのも、何でR!
なので、拡散しておく・・・。

 志布志事件ほど、虫酸の走る事件はない。大体、警察関連の不祥事ほど、聞き捨てにならない話はないのでRから、共有拡散と言うことだ。

 全員無罪を勝ち取ったから、良いようなものの、そうでなかったら、おそらく、拙ブログの格好の餌食となっていたであろう。それほどに関心は高い事件である。

 その真相は、まだ、明らかにされていない。

 その重要証人に、当事者元署長が出廷するという。そこで、口封じ??! 騒ぎだが、あり得なくもないので協賛拡散だ。

 利権で冤罪、口封じが横行する社会である。それも警察がそれに関与する、とは、世も末だ。民は、枕を高くして眠ることも出来ない。

 世の陰謀は、世界から地方の片田舎(失礼!)まで、利権がらみである。尖閣も、煎じ詰めると利権がらみだ。NWO(ニューワールドオーダー)に至るまで、そうである。

 警察の公安ゼロもその一環だ。見つけたら、ゴキブリ退治に勤しむ事以外に、術はない。


【転載開始】きのこ探偵局「志布志事件スピンオフ」


中山信一

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E4%BF%A1%E4%B8%80


志布志事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E5%B8%83%E5%BF%97%E4%BA%8B%E4%BB%B6


県議会議員・森義夫(真夜中の交通事故で変死?w)


2007年2月に定年退職した黒健治志布志署長(住所不定)


さすが志布志?w

じーちゃんが住み着くわけであるw

さて、きのこちゃん探偵局


うふふふふふ


すっごーーーい情報ゲットーーー



いわば、自民党が無条件当選する志布志で、

地元の資産家中山さんが、
立候補したからさぁ、大変

ウジムシ集団自民党の一人がおっこちたーw

てことは、他にも立候補がたてば、
自民党は、全員おっこちる地域だったのだ。

そんなことは許されない!

利権がらみの警察ぐるみで、
自民党の応援を拒絶した住民を、
かたっぱしから、タイホーーー

自民党、どんだけーーーwww


逮捕理由「おめー中山からビールもらっただろ!」


そんなんで逮捕できる志布志はあるいみ、

しぶすぎw


あ、すんごい情報はここから


こんな明らかなでっち上げ事件の裁判、

無罪判決の雨アラレちゃん。

まあ、森親子(石川の森親子のすげーがw)は、

親子して2つの地域をぎゅうじりたかった。

そんでふかーく、加担していたのだろう。

森のとーちゃんが、夜中におばはんの運転する車にひかれる。
夜中に田舎道を議員が独りであるくか?www

あっというまに、ただの事故でかたがつく。


口封じ?www

え、口封じ以外あるの?w

そして実はまだ裁判が続いていて、

住所不定になっていた元志布志署長黒健治が、
11月の裁判の証言台にたつことに!!!

こいつが全部しゃべったら、

どんだけの人間がでっち上げにかかわったか、
ばれちゃうーーーーーーー!!!


はい


きのこちゃん、久々の予言しちゃいます


黒健治は、確実に、口封じで、


殺されちゃいまーーー!www


99.9%けされまーーーす!w



だって、自民党志布志警察等による、

組織犯罪だもーーーん!w


こんなわっかりやすい計画口封じ殺人は

ねーだろwww

ぜってーーーやるぜ!


きっぱり


うふっ♪



てか、今日、中山さん本人と

お茶しばきましたーーー!

じーちゃんも一緒にーーー!


ああーーー


きのこちゃん、なんか、すっごい人脈ちゃうん?w


とっても穏やかで物静かでにこやかな

「おじさま」で、

その前でじーちゃんが

「きいてよ!きのこちゃん!」
べらべらべらべら・・・・・・


清楚で可憐な美少女と、

ナイスミドルが、
厳かに物静かに、
世間話ししようとしてんのに、
「いや!それはこういうことでね!」
「あ!それはこうなんだよ!」
「きいてよ、だってね!!!」

酒もはいってないのに


昼間から独演会だよ



うるさいんじゃ、じじぃ!【転載終了】




きのこ女史が志布志に滞在している。
志布志の港と街並みが一望でき、眺望ならココが一番! というホテル
の最上階の部屋で、きのこ女史は昨夜、驚愕の文章を書いた。

根も葉もない買収行為をデッチ上げて邪魔な新人県議を逮捕し、1年
以上も勾留し、辞任に追い込んだという志布志事件
この鹿児島県警が主導した悪質なデッチ上げ事件には、変死を自殺と
して処理する警察の常套手段が使われていたワケだが…、
さらに、近々、口封じの殺人がある! と、きのこ女史は予言したのだ。

志布志事件をデッチ上げた犯人グループ(鹿児島県警)の一人で、事件の
全容を知るどころか、デッチ上げ犯罪の主犯である当時の志布志警察の
署長・黒(くろ)健治が法廷に引き出されるのが1ヶ月後。

司法警察が犯罪事件をデッチ上げて、邪魔な政治家を抹殺する!という
警察国家ぶりにおいて日本が北朝鮮も顔負けの悪辣な恐怖国家である
ことは、小沢一郎の事件をみても一目瞭然なのだが…、
そこには、おどろおどろしい「変死」が必ずつきまとう。

きのこ女史は、その「変死」が起こる! とブログで予言したのだが…、
鹿児島県警が黒(クロ)健治元署長を「住所不明」として必死にかくまって
きた!ことはバレバレであるので「生殺与奪の権」は鹿児島県警にある!
と、きのこ女史は喝破したのでR。

それにしても、きのこ女史は、志布志滞在中も元気一杯、大活躍でR。
地元の篤農家の軽トラックに乗せてもらって、二階堂家がある高山のほー
まで行って、半日も行方不明だったり…、
昨日は、志布志事件の中山信一氏と延々と面談したり…、
きょうなどは、「志布志に住みたいなぁーー」などと言いはじめた。

そーならば、きのこの婿さがしなども始めねばならんなぁーー
とも思ったが、きのこの婿になるよーな薩摩隼人などは…、
いまどき、なかなかおらん!
と思われるので、鷲はチトゆーうつである。【転載②終了】



認証コード(7987)

a:13315 t:3 y:13

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional