ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

予見できた茶番政治劇!! これで旗幟鮮明だ!!

予見できた茶番政治劇!! これで旗幟鮮明だ!!

全ては『小沢一郎』だ!!
国民の生活が一番党に対する、
なりふり構わぬ対応以外に考えられない!!
これで、民主・自民・公明の司令塔が何か?
分かるだろう!


 いよいよ、『関ヶ原』の戦端は開かれた。なりふり構わぬ呉越同舟、利権同族の茶番劇が始まった。国民は観ている・・・・。好きにさらせ(言葉は悪いが・・・)、と言うほかない。


【転載開始】

解散時期「近いうちに」=増税法案、成立へ―民自公3党首が合意    

2012年 8月 8日  22:12 JST

 野田佳彦首相は8日夜、自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表と国会内で会談し、3党が修正合意した消費増税関連法案を早期に成立させることで 合意した。自民党が参院採決の条件としていた衆院解散の確約に関しては、法案成立後、「近いうちに信を問う」ことを確認した。これにより、増税法案は早け れば10日にも参院で採決され、成立する見通しだ。

イメージ AFP/Getty Images

自民党の谷垣総裁、公明党の山口代表との会談後に記者団の質問に応じる野田首相(8日)

 党首会談は、午後7時半から首相と谷垣氏が約40分間会談したのに続き、山口氏を交えてさらに約10分間行われた。首相はこの後、記者団に「先送りをし ない政治を確認できた。(自公両党首の)重い判断に心から感謝したい」と述べた。解散時期を明示したかどうかについては「そういうやりとりはしていない。 首相として、解散時期を具体的に明示的にすることは控えなければならない」と述べた。

 自民党は、内閣不信任決議案と首相問責決議案を提出する構えを見せていたが、党首会談で合意したことを受け、提出を当面見送る。新党「国民の生活が第 一」など野党6党が提出した不信任案と参院7会派が出した問責案に自民、公明両党は同調しない方針で、両決議案は否決が確実となった。 

[時事通信社]【転載終了】

                                                 



認証コード(1636)

a:1272 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional