ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

ホイットニー・ヒューストンは生贄に供せられたとの観測?!

ホイットニー・ヒューストンは生贄に供せられたとの観測?!

まことに荒唐無稽という人は、
認識が甘い・・・・!
これまでに何人もそうなった事実を掴んでいる?!


 まことにおどろおどろしい世界であるが、彼のイルミナティーに代表される闇のグループは、すべからくおどろおどろしいのである。

 

00000200


 無明の輩であるから、やれ、生贄だとか、カバラとか、儀式だとかおどろおどろしいことこの上ない。やっていることは要するに、闇の天使ルシファーのマインドコントロールの下に、目くらましの神への挑戦を生き甲斐としている気の毒な所業と言うしかないが、大真面目であるから困ったモノだ。


 おそらく、飽くなき物欲への誘いと、恐怖の連鎖をその目的としているのであろう。


 その魂胆は、人間の自由性を縛り付け、人間の本質を包み隠そうとして、所詮は総奴隷化を信条としているのである。そうすると何事も闇にうちに、帝国を築けると儚い夢を追っているのである。


クリックすると元のサイズで表示します


 その帝国たるや、地獄の帝国であることを知らない。


 地獄の悪知恵が、ルシファー(光)である大見得を切っているのである。明けの明星ならぬ、宵の明星であろう。闇夜に輝く、偽りの光、それが実際なのだ。太陽の下では、姿は片鱗も見せない・・・。


 だから、特に芸能が餌食となる。芸能は色と欲の世界であるから、それは格好の餌食とされるのであろう。これは人間の本能の一面性でもあるから、都合がよいのである。


 不幸なのは、それに魂を売り、富と名声を引き替えに才能を切り売りしている人々だ。


 エリザベス・ホイットニーもその例に漏れなかったことは、残念だ。おそらく、その生贄の結果は、後のパーティーの食宴の素材に提供されたのであろう。しかし、これが表に出ることは決してないであろう。


 これまで、こうした蛮行が何度も行われてきた。


 そして、


 言うと言わずに関わらず、その場に参じた連中は、観念して特権階級の美食に酔うのであろう。明日は我が身とも知らずに・・・・・。


イルミナティによってホイットニーは生贄に(前編)

イルミナティによってホイットニーは生贄に(後編)



【転載開始】2008.05.18

最終話 決し て手をはなさないでください

ディ○ニー調査班の最後のお話

世界で一番幼児誘拐が多いのはアメリカである。
そして誘拐もしくは幼児の行方不明が一番発生する場所、それは遊園地。
昔は黒魔術の生贄のために幼児を買う「金持ち団体」があり、
そのために専門に誘拐をする組織があったというが、
近年では臓器移植が高額ビジネスとして誘拐の主な目的だという。

犯罪防止のため発展途上国の臓器輸出が次々と法で禁止になるも、
需要はかさむばかり、そこで誘拐組織が目をつけたのが
ディ○ニーワールドをはじめとする巨大テーマパークである。

特にディ○ニーは園内で起こった事故犯罪を隠蔽する体質が強いため
迷子になっても対応がゆるやかであり、仕事がやりやすいという。

この3年間での巨大遊園地での行方不明者は最低でも
なんと8000人を超えるという。

日本も他人事ではないだろう。
遊園地で周りの人たちを注意してみてください、
泣く子供を叱る家族づれに怪しい点はないか?
奴ら誘拐組織は二人組の男女で行動し、もし誘拐した子供に泣かれても、
周囲からすれば両親があやしてるようにしか見えない、

これは未遂に終わった事件で発覚した事実、実話である。

これら誘拐犯を見張るのが彼らディ○ニー調査班のもう一つの仕事と思われるかもしれない、

だが前述の未遂事件、ゴシップ誌には取り上げられたが
警察沙汰にはやはりなっていない、
そして事件発生時、目撃者によると
警備員が誘拐未遂事件の犯人の所持品をその場でチェックした、
そのとき犯人は見慣れぬ黒いカードを持っていたという…

もし夢の国に遊びに行っても
決してあなたのお子さんの手を放さないでください、
病気で苦しむどこかの知らない子供の臓器として生きるために
この世に生んだのでなければ…。【転載終了】



認証コード(6006)

a:2229 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional