ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

バットマン、河本準一生活保護費不正(?)受給について語る!!

バットマン、河本準一生活保護費不正(?)受給について語る!!

生活保護不正受給は、河本準一問題など
氷山の一角であろう・・・・・・
その本質は行政利権に根がある!!
要領渡世は上から、下々まで・・・・・!


 今に始まった事ではないが、天下に晒されて良かった。さらに暴露はこれからも続くだろう。


 生活保護制度は、セーフティーネットであるから、必要悪である。本来は自立、自己責任が原則であるが、競争がある以上、制度は必要だ。問題は、それに巣くう下賤な民を排除すべきだ。下賤な民とは誰か? 胸に手を当てれば、自ずと明らかだろう。


 そういう低次元の思考が、今後は絶対許されなくなる。と言うより、そういう民は、自らの波長同通の法則で自ら退場する筈だ。だから、そう目くじらを立てるまでもないと思われる。


 それより、こういう話題が沸騰するときは、何か、重大なニュースが隠されている可能性がある?!


 

【転載開始】2007年6月29日の「ヨシモト∞」。品川庄司品川次長課長の河本の90分。

庄司が仕事で沖縄に行っていて欠席した代わりに、次長課長の河本を迎えてのトーク。若い頃の貧乏話に花が咲いて、

品川「俺でも、あんまそういう貧困な暮らししたこと無いですね」

河本「バカにしてんなや」

品川「いや、いや確かに吉本でお金もらえなかった時期もあるけど、まあなんとかなってたんですよね、どうやって食ってたんですかね?」

河本「でもそれ考えたら、ほんまどうやって食ってたんやろうな?でもダンボールにマヨネーズかけて食ったことはある」

(会場「えー」の声)

河本「イカって言うんだもん、だって連れが、ぜったいイカになる瞬間が来るからって、でももうダンボールとマヨネーズやねん」

品川「まず給料2、3万でしょ?」

河本「無い無い無い、そんなにも無い」

品川「どうやって自分でも飯・・・、どうやって俺乗り越えたかな~って思って、3年ぐらい続いたから」

河本「続いたね、でもそんな時代もあったけど、やっぱりでもなんか・・・、ほんまに『出会い』があるのよ、なんか、ご飯食べさせてあげようかとかっていう女の子とか」

品川「先輩もね」

河本「先輩もいるし、当時付き合っていた女の子が、ちょっと私は大丈夫だから一緒にご飯食べに行こうとか」

品川「あ~、僕も嫁はね、ずっとそうでした」

河本「食べに行こうとか言われてたから、なんとなく行けたんやね~」

品川「うん」

河本「だんだん太ってきたしね、お金が無い時期なのに太るのよ」

品川東京来てぐいぐい太っていきましたね」

河本「東京来たときにもだって俺、月4万しか貰ってなかったからね、月収」

そして、河本が東京に来たばかりの頃の話になります。

東京に来てなんも楽しくねえ

品川「もうなんか~、東京に来たての河本さん悪い顔してましたもんね」

河本「悪かった~」

品川「なんか今みたいに明るくなくて、あの~4畳ぐらいの楽屋があるんですけど、そこにいっつもこうやって(ひじをつき寝そべりながらしかめっ面)」

河本「ひゃっひゃっひゃっひゃっ」

品川「全然会話なんか無いもんね、俺とかがしゃべりかけてもなんか全然答えない、感じ悪くてね」

河本「すれてたのよ、だってその月給4万持って、嫁とふたりで笹塚住んでたときに、下高井戸まで歩いて、んでそこでパチンコで4万すってふたりで帰ってくる、そんなんばっかりで、なんも楽しくねえなって」

品川「うん」

河本「で、住んだ場所が下が和民で、その下が豆腐屋で、和民が朝5時までやんのよ、ほんで、5時から豆腐屋開くねん、だから24時間ずっと」

(会場笑)

品川「うるさい?」

河本「うるさいねん、ほんでウェー言うて、和民やからうわーって飲むやん、ほんで俺の下でゲロゲロゲロって吐いてんねん、じゃかましい!って、ぱっと見たら、ほっしゃん。さんやったり、それが」

(会場笑)

河本「あ、ほっしゃん。さんや、いっぱいそんなんやったよ、ようほんまにがんばっ・・・、バイトもしたし~、だって最初の頃なんか俺、新宿ルミネに出るために・・・」

品川「バイトなんてしてました?」

河本「してたよ~」

品川東京来て?」

河本「うん」

品川「全然イメージ無いわ」

河本「え、風俗案内所で働いてたで」

品川「えー!マジで!」

河本「うん」

品川「全然知らなかった」

ここからまさに芸人の苦労話全開です。

新宿の風俗案内所でバイトする日々

河本「風俗案内所で働いてたよ」

品川「似合いますね」

河本「めっちゃ似合ってた、うふっ」

(会場笑)

品川「天職でしょ?」

河本「天職、ほんとにおすすめ方、天職」

品川「(引き笑いで)ひっひっひっ」

河本「でもたまに来るのよ、大阪からの出張で」

品川「芸人さん?」

河本「ううん、サラリーマンが、大阪サラリーマン東京に来て、羽伸ばしたいから『兄ちゃん、なんか・・、おい、次長課長じゃねえの』って」

品川「あ~」

(会場も「あ~」の声)

河本「これが厳しかった」

品川「だから大阪でテレビ出てたから」

河本「そう」

品川「それが今東京で、風俗案内所やってると」

河本「『風俗案内所でバイトしてまんねん~』とかって言いながらやってたよ~」

品川「あ~、辛い時代あったんですね」

河本「だって虎太郎(コタロウ、河本の息子)を新宿託児所に預けて、ルミネ出て、で、ルミネ出番終わったら託児所でおんぶして、帰ってたよ」

(会場も意外な苦労話に聞き入る)

河本「嫁は嫁で、銀座の、あの~クラブに働きに行ってて」

品川「えー!」

河本「帰ってきたら『今日みのさんと会ったよ』って、そんなんどうでもええねん」

(会場笑)

河本「『明るいな~、おまえ』、『うん、明るいねん』って、3人で」

品川「うわ~、一人二役(河本執筆の私小説)2作目いけるでしょ?」

河本「いける、いける、全然いける」

品川新宿編」【転載終了】

 



認証コード(5740)

a:1215 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional