ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

シリア・フーラの虐殺、そして、シリア政府軍兵士100名殺される

シリア・フーラの虐殺、そして、シリア政府軍兵士100名殺される

シリアで虐殺報道で喧(かまびす)しいが・・・
政府軍がそれをしているとする報道ばかり!!
事実はどうなのか?
ん?な訳あるまい!!


 権力側が、そうする必要は全くないわけで、虐殺が本当に政府軍であるとすれば、相当権力掌握が揺らいでいることを意味している。

Syrianrebels005



 政権の末期的症状であると、こういう事があり得る。


 ところがどうもそうではないようである。反政府武装勢力による自作自演工作であろう。つまり、反政府活動に沿わない住民を虐殺しているのだ。それを政府軍の仕業に擦り付けていると考えると辻褄が合う。


 しかし、


 メディアはそう報道しない。特に日本のマスコミはその受け売り一辺倒だ。


 そう言うことは容易に想像される事であるから、端から使用することは出来ないことは今に始まったわけではない。逆の見方がないものか探したら、あった。イランだけはそういう報道をしている。


 いずれが真実であるか、真偽は兎も角として、物事は両面から眺めなければ片手落ちだ。


 シリアは内戦状態になるだろう。

Syrianfreearmyfightersn


 予定された行動である。激化するだろう。一部ではリビアから化学兵器までが持ち込まれているとの報道もある。これも政府軍の仕業とされるだろう。

 



【転載開始】2012年06月04日  
シリア・フーラの虐殺
目撃者:武装グループが、フーラで女性をレープして殺害


5月25日のフーラの虐殺の目撃者が、武装グループが、フーラで女性をレープして殺害したと証言している。

グローバル・リサーチのサイトの記事によると、シリア政府に忠実であったため、その家族を武装グループは殺し、家を焼いたという。
この目撃者はフーラのシリア政府のセキュリティの兵士であるという。

5月25日、フーラの町で、シリア政府軍と武装グループの間で衝突があった。
国連のシリア監視団の長Robert Mood陸将補によると、国連のモニターはフーラで108名が殺害され、そのうち49名が子供で、24名が女性であるという。

ほかの目撃者によると、武装グループは「女子供をシリア政府軍に対する人間の盾として使い、銃撃を継続していた」という。

女性の何人かは「頭を撃たれていた」と衝突で負傷したシリア政府軍の兵士は語っている。

5月31日、シリア政府による調査委員会の長Qassem Jamal Suleiman准将によると、フーラの虐殺の調査では、反シリア政府の武装グループが「どのようなことをしても、外国軍の調査を反シリア政府に持っていこう」として、虐殺を行ったとしている。
准将は犠牲者たちは、「政府に反対するのに逆らい、武装グループと意見が異なった」人々であるとしている。
一方、国連人権委員会の上級スポークスマンRupert Colvilleは、5月29日の声明で、フーラの殺人の「かなりの部分が、市民、女性、子供の即決の死刑であった」としている。


Armed groups raped, killed women in Houla: Witness
People watch the mass burial of the victims of the Houla massacre in Syria, May 26, 2012.
People watch the mass burial of the victims of the Houla massacre in Syria, May 26, 2012.

A witness to the May 25 carnage in the western Syrian town of Houla says armed groups raped women before killing them, a recent report has revealed.


“They (armed groups) burned houses and killed people by the families because they were loyal to the (Syrian) government. [They] raped the women and killed the children,” the witness said, according to a June 1 report posted on Global Research website.

The witness was identified as “Al Khosam,” a Syrian security officer serving in Houla, the report said.

On May 25, clashes broke out between Syrian forces and armed groups in the town of Houla, located in the central province of Homs and about 32 kilometers (20 miles) northwest of the provincial capital city of Homs.

The head of the UN observer mission in Syria, Major General Robert Mood said in a briefing via videoconference from Damascus to an emergency meeting of the UN Security Council on May 27 that the UN monitors in Houla reported 108 people were killed, including 49 children and 34 women.

Another witness said the armed groups “used the women and children as human shields and continued firing” at Syrian forces, according to the report.



Some of the women were “shot in the head,” said a Syrian soldier who was injured during the clashes.

On May 31, Brigadier General Qassem Jamal Suleiman, the head of an investigation committee formed by the Syrian government, said the probe into the Houla massacre has shown that anti-Damascus armed groups had carried out the killings to “bring foreign military intervention against the country in any form and way.”

Suleiman said the victims were families who “refused to oppose the government and were at odds with the armed groups.”

Separately, Rupert Colville, spokesman for the UN high commissioner for human rights, said in a statement issued on May 29 that a “substantial part” of the Houla killings was “summary executions of civilians, women and children.”

HSN/IS



2012年06月05日
シリア政府軍兵士100名殺される
週末にかけてシリア政府軍の兵士が100人以上殺された

シリアのアサド大統領の政府と戦っている武装グループが週末にかけてシリアの国中で100名以上の兵士を殺したと、反政府側の監視人が言っている。

反政府側が英国のシリア人権監視委員会(SOHR)に月曜日に語ったところでは、ダマスカスの近郊やイドリブ県なども含めてシリア中のチェックポイントで、100人以上の政府軍兵士が衝突と保安軍への攻撃によって殺されたという。
監視委員会は地元の医師が殺されたシリア軍の名前を80名以上確認していると言っている。

More than 100 Syrian soldiers killed over the weekend

Syrian soldiers carry the coffin of their comrade during his funeral (File Photo).

Syrian soldiers carry the coffin of their comrade during his funeral (File Photo).
Mon Jun 4, 2012 3:1PM GMT
Armed groups fighting against the government of Syrian President Bashar al-Assad have killed more than 100 soldiers across the country over the weekend, an opposition watchdog said.
Rebels told the Britain-based Syrian Observatory for Human Rights (SOHR) on Monday that more than 100 soldiers were killed in clashes and attacks on security forces’ checkpoints across Syria, including the suburbs of Damascus and Idlib Province.

The observatory said local doctors had confirmed the names of 80 dead Syrian soldiers.

At least 19 soldiers, eight rebels and 19 civilians were killed in violence on Sunday, the watchdog added.

Another 57 soldiers were killed on Saturday, which according to the SOHR was the largest number of fatalities the Syrian military had suffered in a single day since the beginning of unrest in the country last year.

Meanwhile, EU officials are pressing Moscow to harden its line against the Syrian government. 

EU President Herman Van Rompuy said on Monday after talks with Russian President Vladimir Putin in St Petersburg that Moscow and the European Union must overcome their differences on the crisis in Syria to prevent an all-out civil war.

He also said that both sides agreed the peace plan brokered by the UN- Arab League envoy Kofi Annan was the best way to end months of violence in Syria.

Russia, which along with China has vetoed two UN Security Council resolutions against Syria, has repeatedly expressed opposition to foreign military intervention in Syria, describing negotiations as the only way to solve the country's crisis.

HM/JR/AZ【転載終了】

 



認証コード(7050)

a:1442 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional