ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

インタビュー中断を放送されて甘利議員が逆恨み!

インタビュー中断を放送されて甘利議員が逆恨み!

あの東京放送が、
自民党の原発推進責任をテーマに 番組を放送した・・・・。
取材中断を放送したというので
甘利元経産大臣が逆ギレ、東京放送を訴えた!!


 何ともお粗末な話であるが、原発推進の責任は自民党にある。そして、時の担当大臣の責任はさらに重いが、その不勉強ぶりはヒドイと言わざるを得ない。

Top_photo


 それを棚に上げて、インタビュー中断を理由に、番組放送をなじった甘利元経産大臣。挙げ句の果てに『名誉毀損』で東京地裁に提訴した。


 その理由が振るっている。


 以下、転載!


【転載開始】いや~、甘利先生は正直だ。正直すぎる。自民党の原発政策に関するテレビ東京の記者の質問に、
「俺がウロ覚えで言ったことを撮ったろう!俺に責任を押し付けるつもりだろう!」

「私を陥れるために取材したろう!」「私に責任を押し付けるのはダメだ!」
「私に責任はない!」


 「こんなもの放送されたら私の政治生命が終わるんだ!」「私に責任はない!」
「私には家族がいる、スタッフもいる」

「日本なんてどうなたっていいっ!」と、別室で記者を恫喝したそうです。
【転載終了】



 まことに、日本の政治家というのは、この程度だ。民のことなど二の次、三の次・・・、零細企業の親父よりも使命感が乏しい。家族スタッフのことしか頭に無いらしい。


 家族スタッフのことを考えるのが悪いのではない。それは政治家の使命ではない。


 落選確実だな!


 それを推進するために、拡散する!


 

原発問題⇔東京テレビVS甘利さん



認証コード(9667)

a:1278 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional