ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

アレックス・コリアーの近況動画!!

アレックス・コリアーの近況動画!!

過日『人類にとって、真の敵とは何か?!』で、
アレックス・コリアーの動画を掲載したが、
あれから約20年後のアレックス・コリアーの
講演動画!!
前半は英語版、
後半は日本語字幕だ!!


 20年後も変わらない一貫性・・・。これこそ、真実の言葉だ!『目覚めよ、気付け!jnロサンゼルス』 。


 あのProject Camelotが主催したようだ。


 そして、日本語字幕の動画を掲載した。視聴しやすい方でご覧いただきたい。いずれも長い。お暇な時間を見つけて視聴頂ければ幸いだ。


 UFO、ET・・・もう疑いもない事実を認識した方が、良さそうだ。そうでないと、とてもじゃないが、進化できないだろう。絵空ごとではないのである。

Reptilewoman


 我々が、闘争と破壊のまっただ中に居るが、これらはごく少数のグループに洗脳、コントロールされているからだ。それは別の角度からも明らかになってきているが、その元凶にレプティアンの存在がある。


 そして、グレイや、その他のETが存在する。そして、それを引き入れたのもごく少数のグループ人間達である。このことは今後、ますます、明らかになるであろう。金融も、圧政も、そして、NWOも元凶の存在を無視して語れない。

Photo_2


 アメリカは、ワシントンDCの少数のグループによって支配されている。そして、世界もだ。少数支配の神髄を披瀝している。同時に、それを引き入れた人間の現実についても語られている。

Img_202889_23656836_0


 テクノロジーも自由も監獄に押し込まれて、隠されている。

Haunebuii_1944_01th


 それを取り戻す必要に迫られている。それをするのは他でもない人類そのものの課題に直面している。そのための『Awake & Aware 目覚めよ、気付け!』という叫びである。


 このことは漸く人々に浸透してきた。さらに広めなければならない。


 今から20年前は、単なるSFの世界でしかなかったであろう。今でも、そう思っている人々が圧倒的に多い。しかし、ひょっとしたらと感じ始めた人々は急激に増えている。かつて、変わり者でしかなかった人間が、『天才』と呼ばれる時期が来ている。


 Awake & Aware 目覚めよ、気付け!というのは、まさにである。


Alex Collier - Awake & Aware in LA


Video streaming by Ustream


【転載開始】ビルライアンがラジオで彼と初めてあったときの描写をしていましたが、彼の存在感とオーラがすばらしくて驚いたということでした。講演でもとてもやさしい言葉で語っていました。

さて、講演の内容は衝撃です。アレックスは子供のころからアンドロメダ星人とコンタクトが行われ、2人のメンター(アンドロメダの評議会)から宇宙の歴史と今後の地球のことについて、レクチャーを受けます。


講演の内容ではアレックス氏はコンタクトの内容よりもむしろ今後のシナリオとわれわれがどうしたらいいかについて、またアンドロメダ星人から聞いた彼らの惑星の生活とシステムについて詳しく話しています。


この人物はもっとも奥の深い内容を話していて、もっと時間をかけて学ばなければならないことが沢山あります。


より知れば知るほど、より笑えなくなります。とにかく衝撃的な内容のため、受け入れるのが困難でとても考えさせられます。しかし最近になってようやく人々が真実を受け入れる準備が整ってきたのではないかと感じました。

(私自身も含めて)

講演会の内容が長いので数度に分けて書いていきます。


まず、高度な文明の権力構造はピラミッドではなく、ホログラフィック構造というものになっているそうです。権力のあるものがトップに立つのではなく、選ば れたリーダーの下で同じ方向にむかってみんなが共同体として生活していくスタイルなんだそうです。つまりみんなが参加する共同社会となります。


アレックス氏が強調していることとは、アンドロメダ星人を含めて、地球外生命体を神として、あるいは教師として、信奉して、完璧な誤りのない存在として扱ってしまってはいけないということでした。


高度な文明はアンドロメダ星人も地球よりも5000年(地球の年齢で)近く進んだ文明をもっていますが、彼らもまた進化の途上であり、間違いもおかすし、自分たちの課題を抱えている存在だといいます。


古代より地球人は今でもそうですが、地球外生命体を神様のような存在としてあがめ、力をもらい、自分の力をささげてしまいますが、それは正しい関係ではな く、高度な文明をもった進化した生命体は決して私たちに何をしろ、あれをしろ、これをしろという支持もプライベートな世話までしないといいます。


なぜならもっとも一番大切なことですが、私たちは、ここに、自分たちの意識を使って、どんな存在になりたいかということを表現するために生まれています。 すべては自分が今どういう存在としてどういう人間になりたいか。自分を表現するか。そのことがもっとも大切であり、地球は特にアンドロメダ星人の生態系と 異なり、自分たちが思ったものをここで実現化させていく力が強いため、そのために私たちは地球に存在することを選択してきたといいます。


つまり今どういう存在になりたいか。それを自分に尋ね、そのように人生をもっていくことがわれわれ個人の責任なのです。


しかしネガティブなエイリアンも地球に沢山存在してきていて、アンドロメダ星人が今回コンタクトをとってきた理由は、私たちがネガティブな生命体から干渉 を受けて、このアセンションの機会を妨げられるのを、阻止する目的で、本来ならば決して干渉しないのですが、特別に見守ることになったそうです。


つまり、アセンションを阻止するネガティブな生命体が地球をのっとって、新しい次元の世界に移行するのを阻止して、植民地化しようとたくらんでいるといいます。これはデービッドアイク氏の伝えるレプティリアンを含むさまざまな存在がいるといいます。


このあたりをとても詳しく彼のHPでは説明しています。


ネガティブなエイリアンと人間の関係は、崇拝、奴隷、犠牲、生存の保持です。自分たちが生き延びるために、アメリカの政府はエイリアンと密約を変わし、テ クノロジーをもらって我々を文字通り、植民地として売り払ってしまいました。地球上で子供が突然いなくなっているのは、捕食されてしまっているんだそうで す。


もし私たちがめざめずに、神や知的生命体を崇拝し自分の魂、自分の霊性、自分の高い次元の神の部分を尊重しなければ、また輪廻転生のやりなおしになるといいます。


私たちは自分以外はどんな人間も、霊的な存在をも、神格化して崇拝してはいけない。自らの内なる神を信じ、そこにフォーカスし、自らが自立して依存せずに、迷いながら、失敗しながら、創造のプロセスを続けることが、高い次元に移行していく鍵であるといいます。


たとえばアレックス氏が以前道にまよって、これからどうしていったらいいのかをアンドロメダ星人にたずねたところ、彼らはあれこれと干渉せず、どういう存在になりたいのか?と逆に質問されたそうです。


つまり、自分に私たちは深くたずねなければならないのです。そして静かなところに行って自分の周波数を取り返し、自分の内なる声を聞いて、いったいどうしたいのか?を自己に問うことが必要だといいます。


そうすると、自分の波動があがり、創造のプロセスや自分を表現するようになると、ネガティブな存在たちがつけこむ隙がなくなってくるそうです。


ここ数年で私たちはサイエンスフィクションのような未来を迎えるといいます。それはホログラフであり、現実ではありません。しかし自分たちがどのような未 来をつくりあげていくのかは、自分たちの想念で変わっていくそうです。そのため、どういう世の中をつくりたいかという想念が重要なのです。


アンドロメダ星人は別次元であり、光の存在だったそうです。彼らの次元では色の周波数が異なっており、とても美しい色が輝いており見惚れてしまったそうです。


彼らはテレパシックで、考えていることをすべてよみとります。隠し事はできないといいます。そして想念がそのまんま実現するんだそうです。


これはつまり、とても大きな責任を伴います。ネガティブなことを考えたらそれが実現するし、かつ、みんなに知れ渡ります。


われわれがひとりひとり取り組まなければならないことは、自分自身の責任力を養うことと、未来をつくっていく力を養うことだと思いました。


ホログラフィックな社会は自分のスペースをどうやってつくっていくかにあるといいます。これはとにかく毎日感謝をして、部屋に入るときも会社にいるときも、朝おきてめざめたときにも、子供や家族にも愛と感謝を伝え続けていくことだといいます。


これはとてもむずかしいのですが、それをアレックス氏自身もやり続けた結果、少しずつ自分のまわりにおこるできごとや結果が変わってきたそうです。未来は 自分の思いがつくりだします。それはポジティブなものであれば自分にもはねかえるし、ネガティブなものであればそれがはねかえってきます。


ここで強調したいのは、誰もがそれを継続することは難しいということです。しかしそれをやり続けることで自分たちの波動はかわり、心は軽くなり、思いが実現しやすくなるそうです。


不安と恐れは愛の欠如であり、その部分に光をあてて、自らの人生にとりくんでいくことで、悲惨な未来ではなく、本当のすばらしい未来を構築することができるようです。


アレックス氏は、この知識を共有して学んでいる人は、近い将来にリーダーになって、人々にこの知識を知らしめる時代がやってくると言っていました。人々が いったい何がおきているのかを知りたい、あるいはどうして生きていけばいいのかわからない人がこれから沢山出てくるそうです。


そのときに知っている知識をすべて教えてあげて、支えあうことができるそうです。【転載終了】


 


 日本語字幕入りの動画である。ご視聴を・・・・。一言で言えば、素晴らしい真実が語られている!


アレックス・コリアー:メンタリング#1


アレックス・コリアー:メンタリング#2


アレックス・コリアー:メンタリング#3


  • アンドロメダは銀河系の名前で、星の名前ではないです。銀河系には数えきれない恒星系があり、その中に惑星があります。 -- hal 2015-12-13 (日) 23:53:56
  • そして、銀河系の中には1千億個の星があります。そして、私達の太陽系が属する天の川銀河の直径は10万光年(1光年=約9兆4800億km)です。天の川銀河から、アンドロメダ銀河の距離は、250万光年です。とてもじゃないですが凄まじい進化を遂げないと、この距離を突破して交信はできないでしょう。ただ、コリアーさんの言うことを否定しているわけではありません。 -- hal 2015-12-14 (月) 00:07:25
  • 色々書き込んですいません。私もスピリチュアルは好きですが、以前よりは冷静に判断するようにはしています。コリアー氏のETの勢力の話とか面白いと思います。失礼しました。 -- hal 2015-12-14 (月) 00:16:54

認証コード(5265)

a:12733 t:3 y:17

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional