ようこそ! つむじ風ねっとブログサイトへ、このサイトはブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

いつ何時起きても良い心構え・・・超弩級の大震災の備え!

いつ何時起きても良い心構え・・・超弩級の大震災の備え!

東日本大震災は『想定外』という、
怠慢と認識不足・・・・。
岡村教授の話は万人に対する警告だ!!
100年に一度は来る集落消滅級の大地震と津波!!
これが『想定内』の歴史的事実である。


 テーマは南海・東南海がテーマだが、全国どこにでも当てはまる。伊方原発に限った話ではない。


 とにかく、何はさておいても避難が先決だと言う。東日本大震災の津波による死者の大部分は、避難遅れである。そして、その大半は、経験豊富と考えられる高年齢者だと言う。


 『これぐらいでは大丈夫。』という、誤った経験則による判断が原因だという。


 とにかく、逃げろ。これが鉄則だ。


 とにかく、安易な楽観的判断は禁物だ。悲観的に予測して、まず、避難行動が鉄則、そして、避難の後は、楽観的に生きよと言うことだ。生きていれば、何とかなる。


 多いの教訓になる講話である。拡散する。


 誰がどう考えても、地震国に原発がふさわしくないことは明らかだ。原発そのものの事故も悲観的だが、地震が加わると絶望的な立地条件だと言うことが、誰の目にも明らかだ。一言で言うなら、電力会社の原発立地調査は、言語道断と言うほか無い。


 しかも、時折交える『秘話』が面白い。言論の自由、大学構内での講話であるから、格別だ。


 事実は、小説よりも奇なりだ。東京電力の『すぐれた』官僚体質も衆知の事実であったのだ。


 ついでに、東日本大震災の大津波も見ておこう。又、2011.3.11 東日本大震災 報道番組(NHK)の直前直後の時系列まとめも掲載しておく。ご覧あれ。


 

2012公開.津波映像.10mの堤防を超える

高知大学 岡村眞特任教授による 『巨大地震最新情報と伊方原発』



認証コード(7995)

a:1443 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional